六行詩41番

原文

Vaisseaux 1 , galleres 2 auec leur estendar 3 ,
S'entrebattront 4 prés 5 du mont 6 Gilbattar 7
Et lors sera fors faits 8 à Pampelonne 9 ,
Qui pour 11 son bien souffrira 12 mille maux,
Par plusieurs fois soustiendra les assaux 13 ,
Mais à la fin vnie 14 à la Couronne 15 .

異文

(1) Vaisseaux : Vaisseau 1627
(2) galleres : Galeres 1672
(3) leur estendar : leurs estendarts 1600Mo, leur Estendar 1672
(4) S'entrebattront : Sentrebattront 1672
(5) prés : pres 1600Mo 1611 1627 1644 1672
(6) mont : Mont 1672
(7) Gilbattar : Gilbatard 1600Au, Garbartar 1627, Gilbartar 1644
(8) sera fors faits : seront forts faits 1600Au 1600Mo, sera fors fait 1611 1649Ca, sera fort fait 1627 1644, sera forfait 1672
(9) à Pampelonne : en Pampelune 1600Mo
(10) Qui pour : Que pour 1600Mo
(11) mille maux : milles maux 1600Mo
(12) soustiendra : souffriront 1600Au
(13) les assaux : des assauts 1600Mo
(14) vnie : viendra 1600Mo, vni 1627, vny 1644
(15) Couronne : Coronne 1672

校訂

 2行目ジルバタル(Gilbattar)がジブラルタル(Gibraltar)だということに異論はない。仮に完全なアナグラムを意識するのなら、異文にもあるようにジルバルタル(Gilbartar)の方が良いだろう。
 3行目 sera fors faits は、いくつもの異文があるように、どのように捉えるのかについて複数の可能性がある。

日本語訳

軍旗を掲げた艦船やガレー船が、
ジルバタルの山の近くで戦い合うだろう。
そしてその時パンプローナで蚊帳の外に置かれるだろう、
その富のせいで一千の災厄に見舞われるだろう者が。
何度となく襲撃に耐えるだろう、
しかし最後には王冠に結び付けられる。

訳について

 3行目 fors faits をエドガー・レオニは heinous crimes と英訳しているが、これは forfait (重大犯罪)と読み替えたものと思われる。他方、forfaire à (~に背く)が受動態になっているのかもしれない。テオフィル・ド・ガランシエールの読み shall be endeavoured against はそちらに近い。

信奉者側の解釈

 テオフィル・ド・ガランシエールは、(アンリ4世の即位によってフランス王家にナバラ王家が併呑される形になり)ナバラ王国の首都パンプローナの地位が低下したことの予言とした *1

同時代的な視点

 ジルバタルがジブラルタル海峡であることに異論はないので、その山は古来「ヘラクレスの柱」として知られた両岸の岩山を指しているのだろう。つまり、そこでの海戦が描かれているのだろうが、具体的なモデルは未詳。
 ガランシエールも指摘するように、パンプローナ(の何者か)が王冠に結び付けられるというのは、ナバラ王だったアンリ4世がフランス王にもなったことと関係があるかもしれない。ただし、これまた詩の情景が不鮮明である。

その他

 1600Auでは 39番になっている。


名前:
コメント: