ミシェル・ノストラダムス師の真の百詩篇集と予言集 (ジャン・ウルセル)

 『 ミシェル・ノストラダムス師の真の百詩篇集と予言集 』(Les Vraies Centuries et Prophéties de Maistre Michel Nostradamus)は、ルーアンのジャン・ウルセルによっても出版された。

【画像】ウルセル版の扉1(左)と扉2(右) *1

正式名

扉1
  • LES VRAYES CENTURIES DE MAITRE MICHEL NOSTRADAMUS.
    • Où se void representé tout ce qui s'est passé, tant en France, Espagne, Italie, Angleterre, qu'autres parties du monde.
    • Revûes & corrigées suivant les premieres Editions imprimées en Avignon en l'an 1556. & à Lyon en l'an 1558. avec la vie de l'Auteur.
    • Sur l'Imprimé à AVIGNON.
  • ミシェル・ノストラダムス師の真の百詩篇集
    • そこにはフランス、スペイン、イタリア、イギリス、および世界の他の地域で起こったことが全て描かれている。
    • 1556年にアヴィニョンで、1558年にリヨンで出された初期の版やその他の版に従い、改訂・校正された。著者の伝記とともに。
    • アヴィニョンで印刷された版に基づく。

扉2
  • LES VRAYES CENTURIES ET PROPHETIES DE MAISTRE MICHEL NOSTRADAMUS.
    • Où se void representé tout ce qui s'est passé, tant en France, Espagne, Italie, Allemagne, Angleterre, qu'autres parties du Monde.
    • Revûës & corrigées suivant les premieres Editions imprimées à Paris, Roüen, Lyon, Avignon, Troyes, Hollande, & autres.
    • Avec la Vie de l'Auteur.
    • Sur la Copie imprimée à Roüen en 1649.
    • Et se vendent,
    • Chez JEAN OURSEL, ruë Saint Jean, à l'Enseigne de l'Imprimerie.
  • ミシェル・ノストラダムス師の真の百詩篇集と予言集
    • そこにはフランス、スペイン、イタリア、ドイツ、イギリス、および世界の他の地域で起こったことが全て描かれている。
    • パリ、ルーアン、リヨン、アヴィニョン、トロワ、オランダ、その他で出された初期の諸版に従い、改訂・校正された。
    • 著者の伝記とともに。
    • 1649年ルーアン版に基づく。
    • そして販売は
    • サン・ジャン通りで印刷所の旗を掲げるジャン・ウルセルの店にて。

 扉1で列挙されている国では「ドイツ」(Allemagne)が脱落している。

内容

 ロンドン大火などを描いた口絵に続き、アンリ2世宛ての献辞(題名のみ)、肖像画、略歴がある。そのあとに扉1があるが、続くのは伝記のみで、そのあと扉2がある。
 ノストラダムスの肖像画のあと百詩篇第1巻から第10巻、第11巻(2篇)、第12巻(11篇)が収録されている。補遺篇は百詩篇第6巻100番第7巻43番同44番、同73番以降の4篇、第8巻の補遺篇(6篇)、第10巻補遺篇が含まれている。
 最後に予兆詩集六行詩集が掲載されている。

 以上はマリオ・グレゴリオ(未作成)が公開している伝本に基づくものだが、リヨン市立図書館ミシェル・ショマラ文庫の伝本では、扉1と扉2の順序が逆で、巻末に解釈集が収録されているという *2 。解釈集は題名も扱われている詩もページ数も1689年ルーアン版とほぼ同じだが、それに比べて1篇少ない。

 ロベール・ブナズラが私蔵する伝本はさらに異質で、扉2が冒頭に来るのはショマラの伝本と同じだが、扉1と伝記は百詩篇集と予兆詩集の間に挟まっているという *3 。結果として「真の百詩篇集」という題名が伝記、予兆詩、六行詩のみに使われるという、他に例を見ない奇抜な構成になっている。なお、解釈集は付いていないようである。

特色

 1649年ルーアン版に基づいたというだけあり、原文の特色は確かによく似ている。その一方で、そこに含まれていない第7巻43番同44番をはじめ、明らかにそれ以外の版も参照した形跡がある。
 ただし、「パリ、ルーアン、リヨン、アヴィニョン、トロワ、オランダ、その他で出された初期の諸版」とあるのが事実を語ったものかは何ともいえない。

 以下に見る刊行年の議論によるが、「当代の一知識人」の解釈が初めて登場した版なのかもしれない。

刊行地と刊行年

 この版には出版された都市名も刊行年も記載されていない。
 刊行地はジャン・ウルセルがルーアンの業者であることから、ルーアンと見て全く問題はない。

 問題は刊行年である。ミシェル・ショマラは1680年頃と推測し、ロベール・ブナズラは1691年頃と推測した。双方とも根拠を挙げていない。
 ショマラの伝本の解釈集は、1689年ルーアン版よりも前に作成されたことを推測させる。ノストラダムスの肖像画にしても、ラテン語の標語が記載されている分、1689年版よりも遡る可能性が高い。

 こうしたことから、少なくとも1689年以前に出版されたと推測するのが自然ではないだろうか。

所蔵先

  • リヨン市立図書館ミシェル・ショマラ文庫
  • ロベール・ブナズラが自身のグループRAMKATの蔵書として私蔵し、マリオ・グレゴリオも私蔵している。

 ショマラ文庫は元々ショマラの私的な蔵書だった。つまり、コレクターが私蔵するものしか残っていないという珍しい版だが、上で述べたように3つの版は相互に食い違っている。


名前:
コメント: