ボネ兄弟


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  ボネ兄弟 (les frères Bonnet)は18世紀アヴィニョンの出版業者。ボネは通称で、兄アグリコル=ジョゼフ・ベルナール(Agricol-Joseph Bernard dit Bonnet, 1736.11.25-1794.6)と弟アントワーヌ=ジョゼフ・ベルナール(Antoine-Joseph Bernard dit Bonnet, 1739?-1813)が使っていた業者名である。

 父は仕出屋で料理人のエスプリ・ピエール・ベルナール(Esprit Pierre Bernard)で、出版事業の開始は弟が先だった。1767年から絹商人だった兄も共同で事業を営むようになり、1794年に兄が死んだ後も、弟は義姉(兄の未亡人)や甥アグリコル=ジョゼフ=ピエール=リュクサンブール・ベルナール(Agricol-Joseph-Pierre-Luxembourg Bonnet)とともに「ボネ兄弟」の名義を1801年頃まで維持した *1

ノストラダムス関連



名前:
コメント:

*1 Mellot, Moulinas