ベルトー師

  ベルトー師 、通称ラ・ブルゴーニュ(Maître BERTOT dit La Bourgogne)は、リヨンの出版業者だったらしい人物。

 1553年11月に翌年向けのノストラダムスの暦書をいい加減な形で版組みしたために、ノストラダムスから訴えられたと伝えられている。これは、郷土史家ルイ・ジモンの年代記に出てくる話だが、該当する業者は確認できない。 

 ジェラール・モリス(未作成)イアン・ウィルソンは、ジャン・ブロトーのこととしている。ブロトーは、ごく初期の刊行物では「ラ・ブルギニョン」(La Bourguignon)という通称も併記しており、全くありえない話ではない。


【画像】ルイ・ジモン『サロン市の年代記』(復刻版)(クリックするとAmazon のページに飛びます)


名前:
コメント: