百詩篇第10巻95番

原文

Dans les Espaignes viendra Roy 1 trespuissant 2 ,
Par mer & terre 3 subiugant 4 or 5 midy 6 ,
Ce 7 mal fera 8 rabaissant le croissant 9 ,
Baisser les æsles 10 à ceux du vendredy 11 .

異文

(1) Roy : un Roi 1712Guy
(2) trespuissant : tres-puissant 1590Ro 1597 1600 1611B 1644 1649Ca 1650Ri 1650Le 1653 1660 1665 1668 1840, tres Puissant 1627, tres puissant 1712Guy, tres-puissan [?] 1716
(3) mer & terre : Mer & Terre 1672
(4) subiugant : subiuguant 1597 1611 1665 1712Guy 1840
(5) or : le 1627 1644 1650Ri 1650Le 1653 1660 1665 1668 1712Guy 1840, au 1672
(6) midy : Midy 1597 1600 1610 1611 1644 1650Ri 1653 1660 1665 1672 1716 1840
(7) Ce : De 1665
(8) mal fera : mal [ ] 1568A 1590Ro, ma; fera 1867PL
(9) croissant : Croissant 1712Guy
(10) æsles : aisles 1568I 1597 1600 1611 1627 1644 1650Ri 1653 1660 1665 1668P 1672 1712Guy 1716
(11) vendredy : Vendredy 1590Ro 1597 1600 1610 1611 1644 1650Ri 1665 1672 1712Guy 1716 1840

(注記)1568A と 1590Ro の3行目の異文は、mal のあとに fera が入るくらいの大きな隙間が開いている。

日本語訳

イスパニア諸地域に非常に強い王が来るだろう、
海と陸から今まさに南方を征服しつつ。
この悪事が三日月を低くしつつ、
金曜日の人々に翼を下げさせるだろう。

訳について

 1行目 Espaignes は本来単数で書かれるべきで、ジャン=ポール・クレベールらは普通にスペイン(Espagne)のこととしているが、複数であることを踏まえて意訳した。ただし、これは単にアラゴンやカスティーリャといったスペインの諸地域に過ぎないだろう。
 2行目 or は「今」の意味で訳した。
 4行目「翼を下げさせる」は「弱体化させる」を意味する慣用表現 *1 。似た表現は百詩篇第1巻6番にも登場している。

 大乗訳は前半はともかく、後半「この悪は三日月のつのを打ちおとし/金曜日の人々の翼をつけて」 *2 が誤訳。「つの」や「(翼を)つける」といった言葉は原文にない。

 山根訳1行目「スペインに強大無比の王が生まれる」 *3 は venir の意味する範囲が広いので成り立ちうる訳のひとつ。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、スペイン王フェリペ2世についてと解釈した *4

 バルタザール・ギノーは、いずれスペインに現われる強大な王が南方(または南仏)を支配し、トルコを駆逐する予言とした *5

 アナトール・ル・ペルチエはいずれフランスに現われる大君主「偉大なケルト人」がスペイン征服に乗り出すとともに、トルコをも屈服させる予言と解釈した。その際、3行目の mal (悪事、悪行)は mâle (雄々しい男性)と読み替えた *6

 ヴライク・イオネスクは、イスパニア諸国をスペインによって発見された新大陸と解釈し、2行目の or を orient の語尾音省略と解釈することで、湾岸戦争についての予言と解釈した *7

同時代的な視点

 金曜日の人々がイスラーム信徒を指していることについては、立場を問わず異論がない。
 ロジェ・プレヴォピーター・ラメジャラーはイスラーム勢力の侵攻に対する大君主のイメージが投影された詩としている *8


名前:
コメント: