百詩篇第10巻52番


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原文

Au lieu où 1 LAYE 2 & Scelde 3 se marient,
Seront les nopces 4 de long temps 5 maniees 6 ,
Au 7 lieu d'Anuers 89 la crappe 10 charient,
Ieune 11 vieillesse 12 consorte 13 intaminee.

異文

(1) où : ou 1568A 1590Ro 1605 1649Xa 1672, oú 1611B 1772Ri
(2) LAYE : Laye 1590Ro 1597 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1653 1672 1716, laye 1665
(3) Scelde : scelde 1653 1665
(4) nopces : Nopces 1672
(5) long temps : lon temps 1627, longtemps 1665 1840, long-temps 1644 1653 1668P 1716
(6) maniees : mamées 1672
(7) Au : An 1568A
(8) d'Anuers : Danuers 1568A, D'anuers 1590Ro
(9) où : ou 1568A 1590Ro 1605 1649Xa 1672
(10) crappe : Crappe 1660, grappe 1672
(11) Ieune : Leune 1627
(12) vieillesse : viellesse 1610 1611B 1650Ri
(13) consorte : conforte 1590Ro 1605 1611B 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1668 1840

日本語訳

レイエ川とスヘルデ川が結ばれる場所で、
長い間準備されてきた婚礼が挙行されるだろう。
彼らが塵埃を運び込むアントウェルペンの場所に、
若者、老人、汚されざる妻。

訳について

 1行目はベルギーを流れる川である。レイエ川(Leie, オランダ語名)はフランス語ではリス川(La Lys)という。スヘルデ川(Schelde)はフランス語ではエスコー川(Escaut)という。
 4行目は「若い老人と汚されざる妻」とも訳せる。

 山根訳は「レーとシェルト」という地名の表記を除けば、3行目まで問題はない。3行目でcrappeを「もみ殻」と訳しているのも、エドガー・レオニらの読みに従えば、可能な訳である。
 ただし、4行目「冒涜されざる若き妻と老齢」 *1 は、形容詞の位置関係として少々不自然である。もっとも、ピーター・ラメジャラーは「片や若すぎて方や年老いすぎており、妻が汚されることはない」のように読んでいるので、許容される余地のある読み方だろう。

 大乗訳は3行目「アントワープでかれらはぶどうをとって」 *2 は、「ぶどう」が grappe を採用した結果としても、charrier が「とる」という意味になる根拠が不明瞭。
 同4行目「若いけがれなき人が 老人をいたわるだろう」の「いたわる」は奇妙なようだが、consorteが conforte になっている底本に基づく訳なのだろう。

信奉者側の見解

 全訳本の類でしか触れられてこなかった詩で、20世紀前半までではテオフィル・ド・ガランシエールヘンリー・C・ロバーツしか解釈していなかった。
 ガランシエールはレイエ川がフランドル地方を流れ、スヘルデ川がアントウェルペンを流れていることを指摘したが、あとは情景をそのまま敷衍したような解釈しかつけていなかった *3 。ロバーツは「ベルギーにおける平和の時代が予示されている」という簡略な解釈しかつけていなかった *4

 セルジュ・ユタンは1940年のナチスのベルギー侵略と解釈した *5

 ジョン・ホーグはヘントで様々な協約などが調印されてきたことや、1914年の大洪水について述べたものとした *6

同時代的な視点

 ジャン=ポール・クレベールが指摘したように、1行目がレイエ川とスヘルデ川の合流点に位置するヘントを指しているのはまず疑いない。
 ただし、そこでの盛大な婚礼についてはあてはまりうるモデルが見つからないらしく、クレベールもピーター・ラメジャラーも、モデルの特定には至っていない。

その他

 レイエ川が LAYE と大文字のみで綴られている。百詩篇第10巻では、40番LONOLE46番の L'OR も大文字で強調されている。L で始まる語を強調することに何の意味があるのかはよく分からない。
 それらが6番おきに配置されていることや、いずれも外国が舞台(40番はイギリス、46番はドイツ、52番はベルギー)になっていることなどにも意味があるのかもしれないが、特に言及している論者はなく、不明。


名前:
コメント: