Almanach pour l'An 1557

 『 1557年向けの暦 』(Almanach pour l'An 1557)はノストラダムスが出版した暦書のひとつである。1556年頃にパリの出版業者ジャック・ケルヴェールが公刊した。

【画像】『1557年向けの暦』の扉 *1

正式名

  • Almanach pour l'An 1557. Composé par Maistre Michel Nostradamvs. Docteur en Medicine, de Salon de Craux en prouence.
    • Item la declaration Lunaire de chacun moys, Presageant les choses aduenir en ladite Année.
    • Contre ceulx qui tant de foys m'ont fait mort.
    • Immortalis ero viuus, moriensq ;, magisq Post mortem nomen viuet in orbe meum
  • プロヴァンス州サロン・ド・クローの医学博士ミシェル・ノストラダムス師により構成された1557年向けの暦
    • さらに上述の年に起こる物事を予告する各月の太陰の明示。
    • 私を何度も死に至らしめようとした人々に抗して。
    • 「私は永遠に生きるであろう。肉体が滅んだとしても同じことである。死後も我が名声は地上にとどまり続けるであろうから」

内容

 全部で64ページ分ある。巻頭にはフランス王妃カトリーヌ・ド・メディシス宛の献辞が収録されている(1556年1月13日付)。
 収録されている予言の内容はジャン=エメ・ド・シャヴィニーの『予兆集成』第2巻第160~300番に対応する散文であり、1557年向けの予兆詩12篇を含んでいる。

所蔵先

 ミュンヘンのバイエルン州立図書館(未作成)に所蔵されていたようだが、現在は散逸。ダニエル・ルソがかつて私蔵していたものは、2007年4月23日のオークションで、5200ドルで落札された(落札者不明)。

 一部の研究者の間では、以前から出所不明のファクシミリコピーが出回っていた。現在ではインターネット上でも見ることが出来る(リンクは後掲)。

その他

 収録されている特認(未作成)の文面では、ジャック・ケルヴェールとリヨンジャン・ブロトーに特認が与えられている。このことからすると、伝聞すら存在しないものの、リヨンでも出版されていた可能性がある。

外部リンク

全ページ分の画像データを公開しているサイト。


名前:
コメント: