百詩篇第3巻64番

原文

Le chef 1 de Perse remplira grande 2 OLXAΔES 3
Classe 4 trireme 5 contre gent 6 Mahumetique 7
De Parthe 8 , & Mede : & piller 9 les Cyclades 10 :
Repos long temps 11 au grand port 12 Ionique 13 .

異文

(1) chef : Chef 1672
(2) grande : grand 1672, grands 1589PV 1649Ca 1650Le 1668
(3) OLXAΔES 1555 1840 : Olchade T.A.Eds.(sauf : Olxades 1589PV, Olchades 1627 1644 1649Ca 1650Ri 1650Le 1653 1665 1668)
(4) Classe : Clnsse 1568A
(5) trireme : trieme 1588-89, Triteme 1600 1610, Trireme 1568 1590Ro 1597 1605 1611 1628 1649Xa 1772Ri, Tritenne 1716
(6) gent : gens 1597 1600 1610 1627 1716
(7) Mahumetique 1555 1644 1650Ri 1840 : Mahometique T.A.Eds. (sauf : Mahometiques 1600 1610 1716, mahometique 1605 1660, mahumetique 1653)
(8) Parthe : sparte 1557B, parthe 1588-89, Patrhe 1600, Rarthe 1665?
(9) piller : pillier 1589PV 1627 1649Ca 1650Le 1668
(10) les Cyclades : Cyclades 1589Me, les cyclades 1665
(11) long temps : lon temps 1589Me, long-temps 1627 1644 1649Xa 1668P 1716, longtemps 1665
(12) port : Port 1672
(13) Ionique : Jonique 1672 1716 1772Ri

(注記)1588Rf の Olchade は不鮮明で判読できない。しかし、ブランダムールはそう読んでいるのでここではそれに従った。

校訂

 1行目の grande は grands となるべき。これはピエール・ブランダムールが指摘し、ブリューノ・プテ=ジラールらが支持している。

日本語訳

ペルシアの指導者は満たすだろう、大きな輸送船団
つまりムハンマドの信徒に対抗する三段櫂の艦隊を、
パルティアとメディアの者たちで。キクラデスを掠奪するために。
イオニアの大きな港での長期に渡る休息。

訳について

 1行目の輸送船団を満たすのが3行目の「パルティアとメディアの者(兵士)たち」というのは、ブランダムールやクレベールの読み方を踏まえたものである。

 大乗訳1行目「ペルシァの岬は商船で満たされ」 *1 は、Olchades を商船と訳すのは良いとしても、それで満たされるとは構文上読めない。また、chef を岬とする根拠も不明。
 山根訳1行目「ペルシアの指導者が大スペインを満員に」 *2 は、Olchadesのかつての読み方からすると許容されうるものではあったが、現在ではもはや支持できないだろう。

信奉者側の解釈

 テオフィル・ド・ガランシエールは地名についての説明をしているだけで、事件の内容には踏み込んでいなかった。なお、Olchadesについては不明としていた *3


 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは、レパントの海戦(1571年)に関する詩とした *4

 セルジュ・ユタンはギリシア独立戦争中のナヴァリノ海戦(1827年)と解釈した。のちのボードワン・ボンセルジャンの改訂では、1897年から1907年の情勢の描写とする解釈に差し替えられた *5

同時代的な視点

 ピエール・ブランダムールは、イオニアの港がおそらくミティリーニだろうという推測を示すにとどまった *6

 ジャン=ポール・クレベールはペルシアとオスマン帝国の衝突を描いたもので、イオニアの港はケルキラ(コルフ)もしくはザキントス(ザンティ)だろうとした *7

 ピーター・ラメジャラーは『ミラビリス・リベル』の予言がモデルになっていると推測した *8


名前:
コメント: