六行詩31番

原文

Celuy qui a, les hazards surmonté 1 ,
Qui fer, feu, eauë 2 , n'a 3 iamais redouté 4 ,
Et du pays 5 bien proche du Basacle 6 ,
D'vn coup de fer tout le monde 7 estouné 8 ,
Par Crocodil 9 estrangement donné,
Peuple raui de veoir vn tel 10 spectacle.

異文

(1) hazards surmonté : hazard a surmonté 1600Au, hazards surmouté 1672
(2) eauë : & eaue 1600Mo, eau 1644 1672
(3) n'a : na 1672
(4) redouté : redoublé 1600Mo
(5) du pays : d'vn pays 1600Mo, du Pais 1672
(6) du Basacle : du Bazacle 1600Au, de basacle 1600Mo 1627
(7) monde : Monde 1672
(8) estouné : estonné 1600Au 1600Mo 1611 1627 1644 1649Ca 1672
(9) Crocodil : Crocodril 1600Au, Cocodril 1600Mo, crocodil 1627
(10) vn tel : tel 1600Mo

校訂

 4行目の estouné は、多くの異文にあるように estonné の誤植だろう。他の箇所の u の活字と見比べると、u と印刷されているというよりは、nが逆転しているようにも見える。

日本語訳

その者はそれらの危険に打ち勝った者で、
鉄にも火にも水にも決して怯えることがなかった。
そしてバザクルにとても近い地方からの
鉄器の一撃に皆が驚かされる。
奇妙にもワニによって与えられる、
そんな光景を見て人々は激昂する。

信奉者側の見解

 ノエル=レオン・モルガールの用語解説では、「ワニ」は「フランス人の裏切り者」のこととされている *1

 テオフィル・ド・ガランシエールは、二通りの解釈を提示している。1つ目はアンリ4世とする解釈で、彼の出身であったベアルン地方はトゥールーズ(バザクルはトゥールーズ市内の河岸地区)からも近く、彼が1610年に謀反人ラヴァイヤックの凶刃に倒れたことが予言されていたとする。もうひとつはアンリ・ド・モンモランシーとする解釈で、彼は謀反を企てたことからトゥールーズで斬首された(1632年) *2

 1691年ルーアン版『予言集』に掲載された「当代の一知識人」の解釈では、アンリ4世暗殺と解釈されている *3 。匿名の解釈書『暴かれた未来』(1800年)でも、アンリ4世暗殺と解釈されている *4
 バルタザール・ギノーはアンリ・ド・モンモランシーの処刑と解釈した *5

 ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌは第四次中東戦争と解釈した *6

同時代的な視点

 アンリ4世とする解釈は妥当なのではないだろうか。ただ、1605年頃までに偽作されていたはずのこの詩にアンリ4世の暗殺が仄めかされていたかどうかについては、raviをどう読むかや「ワニ」を何の比喩と見るか、あるいは表現の似た六行詩45番との関連性をどう判断するかなどによって評価が変わるだろう。

その他

 1600Au では28番になっている。


名前:
コメント: