暦書

 ノストラダムスは、1549年頃から翌年一年を予言した刊行物を出版していた。ここではそれらを「 暦書 」(れきしょ)類と総称する。「暦」、「暦本」、「占星暦」などとも訳される。

概要

 ノストラダムスの年季刊行物は「暦書」と総称されることが多いが、実際には、初期に出されていたのは主に「占筮」(せんぜい)と呼ばれる散文体の予測で、1557年向けのものあたりからカレンダー形式の予測「暦書」が並行的に刊行され、1563年向けのものから両者を合本した「暦書」が出されるようになった *1

 「暦書」類は1550年向けから1567年向けまで出されていたが、1551年向けは内容が残っていないだけでなく、出されていたかどうかも分かっていない。

 「暦書」類には各月ごとに四行詩が添えられたものもあり、これがのちに『予兆詩集』の素材となった。予兆詩は1555年向けのものが最初であり、以降1567年向けまで存在するが、1556年向けは現存しない(1556年向けの素材が流用された疑いのある海賊版なら現存する *2 )。

構成

暦書

 暦書(Almanach : アルマナ、アルマナック)はカレンダー形式になっている。月の冒頭には、その月に関する四行詩が添えられていることが多い。各日には守護聖人や祝日が記載され、フランス語もしくはラテン語による数語程度の簡潔な予測が添えられている(予測は数日分にまたがって記載される場合もある)。

 ノルマンディー地方コタンタン半島の地方領主グーベルヴィルなどのように、ノストラダムスの暦書を一種の農事暦として使っていた者がいたことも指摘されている *3

占筮

 占筮(Pronostication : プロノスティカシオン)は散文体で、月ごとに星位などについて述べた上で予測を記している。また、最後に季節ごとに分けた予測が併録される場合もあった。「予測」、「占い」などとも訳される。

献辞

 ほとんどの「暦書」類において、ノストラダムスは有力者や著名人への献辞を収録した。この点は、弟ジャン・ド・ノートルダムへの献辞を添えた『化粧品とジャム論』、生まれたばかりの息子セザール・ド・ノートルダムに宛てた序文を添えた『予言集』初版などとは異なっている。


編集

 ノストラダムスは、毎年夏ごろまでには、翌年分の暦書の原稿を仕上げていたようである。ノストラダムスは、自身の原稿が適切に出版されるかにも注意を払っており、1553年11月には、いい加減な形で編集したベルトー師という業者を訴え、原稿を取り上げている。この原稿は、アントワーヌ・デュ・ロワイエ(アントワーヌ・デュ・ローヌ?)という印刷業者に渡され、彼の下で印刷されたという。

 また、ノストラダムスは同じ年向けの原稿を複数執筆していたらしいことが、いくつかの記録から指摘されている *4 。例えば、『1562年向けの暦』の序文に採用された「ピウス4世への献辞」は、実際に出版されたものとは若干異なる手稿の存在が知られている *5 。しかし、そうした複数の版は全てが出版されたわけでなく、業者の意図で取捨選択されることがあった。「1557年」(おそらく1554年の誤記)11月20日付の印刷業者ジャン・ブロトーからの書簡では、2つの原稿のうちひとつしか出版しない旨が通告されている *6

反響

 当時、ノストラダムスの「暦書」類は、予言に関する著作としてはかなり評価が高かったようで、早くも1552年向けの「暦書」(正式名は伝わっていない)について、内容を剽窃した偽版が出されている(『医師にして占星術師クロード・ファブリ師による1552年向けの真の新占筮』アジャン、1552年)。

 反響はフランス国内にとどまらず、1557年向け、1563年向け、1564年向け、1567年向けはイタリア語訳版が出され、1559年向けは英訳版が、1566年向けはオランダ語訳版が出された。他方で、1560年代にはパリロンドン(未作成)、イタリア各都市などで、内容を適当に継ぎ合わせた偽版も複数回出版されている。

 ノストラダムスを批判した同時代人のローラン・ヴィデルジャン・ド・ラ・ダグニエール(未作成)も、その批判の主たる対象は『百詩篇集』ではなく「暦書」類の方であった *7 (ヴィデルの著書は、現在では「暦書」類の逸文を伝える文献としても参照されている)。また、最初の偽ノストラダムスであるノストラダムス2世も、初期に出したのは暦書の便乗本であった。

 このように、現在でこそ『百詩篇集』に比べて「暦書」類の知名度はないに等しいが、当時はむしろ暦書の反響の方が大きかったのである。

シャヴィニーの転記

 「暦書」類はかなりの部数出されていたと推測される。たとえば、ルーアンの書肆ジュアン・イエスは、1557年12月だけでノストラダムスの「暦書」類を計1000部以上(未製本含む)仕入れている *8
 しかし、「暦書」類は翌年1年間を対象にした「読み捨て」の小冊子に過ぎなかったため、現存数は必ずしも多くない。中には、『1561年向けの暦』のように、当時別の文献を製本した際の裏張りに使われていたおかげで残ったものもある。このケースでは、1984年にその本(1576年刊行のラテン語文献)の保存作業の一環で、図書館員が表装を剥がしたときに発見された。

 そうした現存状況の少なさはあるものの、かなり多くの内容をノストラダムスの秘書だったことのある詩人ジャン=エメ・ド・シャヴィニーが書き写し、12巻本の手稿にまとめ上げていたおかげで、主な内容をうかがい知ることはできる。この手稿自体が一時期行方不明だったのだが、1990年にディジョン(未作成)の一市民が私蔵していることが判明し、リヨン市立図書館が買い取った。なお、シャヴィニーの転記は、現存する「暦書」類と比較した場合、省略や編集が加わっていることが明らかになっているため、その点に注意する必要はある。

 現在、シャヴィニーによる転記のうち、「占筮」と「暦書」に収録されていた散文は「散文体の予兆」(Présages en prose)、「暦書」に収録されていた四行詩は「予兆詩」(Présages en vers)と区別されている。ただし、これらを「予兆」(プレザージュ; Présages)と総称したのはシャヴィニーが最初であり、ノストラダムス自身が積極的にそのような総称を用いていたかは定かではない(「暦書」類にはメインタイトルに "Présages" とつくものがいくつかはあり、副題的に併記されているケースも数点見られる)。

校定版

 シャヴィニーが転記した「散文体の予兆」のうち、1559年向けまでは、ブルゴーニュ大学教授のベルナール・シュヴィニャールによる校定版が存在している *9 。この校定版では、予兆詩の校訂も行われており、そちらは1555年向けから1567年向けまでの全154篇(従来知られていた141篇から、シャヴィニーが付け加えた偽物を差し引いた140篇と、従来の予言集には原則として収録されてこなかった14篇の合計)が収録されている。

関連項目



名前:
コメント: