六行詩45番

原文

De coup 1 de fer tout le monde 2 estonné,
Pa 3 Crocodil 4 estrangement donné,
A vn bien grand, parent de la sangsuë 5 ,
Et peu apres 6 sera vn autre coup
De guet à pens 7 , commis contre le loup 8 ,
Et de tels faits on ne 9 verra l'issuë 10 .

異文

(1) De coup : D'vn coup 1600Au 1600Mo, De coup. 1611B
(2) monde : Monde 1672
(3) Pa : Par 1600Au 1600Mo 1611 1627 1644 1649Ca 1672
(4) Crocodil : Crocodril 1600Au, Cocodril 1600Mo
(5) sangsuë : censue 1600Au 1600Mo, Sangsue 1672
(6) apres : aupres 1644
(7) pens : pend 1600Mo 1611 1627 1644
(8) loup : Loup 1672
(9) ne : en 1600Mo 1611 1627 1644 1649Ca 1672
(10) l'issuë : l'yssüe 1672

校訂

 2行目 Pa が Par の誤植なのは論を俟たない。
 6行目は多くの版が ne verra を en verra としているが、どちらを採るかで意味が正反対になる。モデルを特定しきれない以上、どちらとするかの決め手を欠く。

日本語訳

鉄器の一撃に皆が驚かされる。
奇妙にもワニによって与えられる、
蛭の縁者である非常に偉大な者へと。
そして程なくして別の一撃があるだろう、
悪意を持って狼に対して犯された一撃が。
そうした諸事件の結果は目撃されないだろう。

訳について

 5行目 De guet a pens は中期フランス語の成句で「予謀して」(de manière préméditée)、「悪意を持って」(avec l'intention de nuire)を意味する成句 *1 。現代語の guet-apens に通じる。その5行目は前の行を修飾しているが、各行に対応させる関係上、「一撃が」を補った。

信奉者側の見解

 ノエル=レオン・モルガールの用語解説では「ワニ」はフランス人の裏切り者、「蛭」はスペイン人、「狼」はイギリス人とされている *2

 テオフィル・ド・ガランシエール六行詩31番で与えた以上の説明をする必要がないと述べていた *3 。つまり、アンリ4世暗殺かアンリ・ド・モンモランシーの刑死と解釈したということだろう。

 匿名の解釈書『暴かれた未来』は、六行詩31番と同じ表現が使われていることを認めつつ、アンリ3世の暗殺と解釈した *4

同時代的な視点

 冒頭の2行は六行詩31番の4、5行目とほぼ同じである。当然、モチーフも同一線上にある可能性は想定できるが、曖昧すぎて特定が難しい。

その他

 1600Au では43番になっている。


名前:
コメント: