六行詩35番

原文

Dame par mort grandement 1 attristée,
Mere 2 & tutrice au sang qui la 3 quittée 4 ,
Dame 5 & Seigneurs, faits enfans orphelins 6 ,
Par 7 les aspics 8 & par les Crocodilles 9 ,
Seront surpris forts Bourgs 10 , Chasteaux 11 Villes 12
Dieu tout puissant 13 les 14 garde des malins.

異文

(1) grandement : d'vn grandement 1600Mo
(2) Mere : Et mere 1600Mo
(3) la : l'a 1611 1644 1649Ca
(4) quittée, : quitté,e[sic.] 1600Mo, quitte 1611B
(5) Dame : Dames 1600Mo 1627
(6) orphelins : Orphelins 1672
(7) Par : Et 1600Mo
(8) aspics : Aspics 1600Mo 1644 1672
(9) Crocodilles : Crocodrilles 1600Au, Cocodrils 1600Mo
(10) forts Bourgs : forts 1600Au, fauxbourgs 1600Mo, faux bourgs 1627, forts bourgs 1644 1672
(11) Chasteaux : chasteaux 1600Mo 1644
(12) Villes : & villes 1600Au 1600Mo 1644 1649Ca, & Villes 1611 1627 1672
(13) tout puissant : Tout-puisant 1644, tout Puissant 1627
(14) les garde : nous garde 1600Mo

日本語訳

婦人は死によって大いに心を痛める。
血の繋がった後見人である母は彼女を見捨てた。
婦人と領主たちにより、孤児たちが生み出される。
マムシたちとワニたちによって、
砦、町、城、都市の数々は急襲されるだろう。
全能の神よ、彼らを邪なることどもから護りたまえ。

訳について

 3行目は「~により」を補った。5行目は砦や町がいずれも複数形なので、「数々」を補った。

信奉者側の見解

 ノエル=レオン・モルガールの用語解説では、「ワニ」は「フランス人の裏切り者」とされている。「マムシ」についての言及はない *1

 テオフィル・ド・ガランシエールは暗殺されたアンリ4世の妃マリー・ド・メディシスと、彼女が後に引き起こした骨肉の争いであるポン=ド=セの戦い(1620年)についてとした *2

 ヴライク・イオネスクはベトナム戦争の予言とし、後ろ盾であったアメリカに見捨てられた南ベトナムが陥落したことと解釈した *3

同時代的な視点

 偽作されたと思しき1605年頃より前にモデルを求めるとすれば、サン=バルテルミーの虐殺(1572年)が有力候補となるだろう。
 この虐殺事件は王太后カトリーヌ・ド・メディシスの娘のマルグリットがアンリ4世と結婚するのを機に起こされたものだった。カトリーヌは有力プロテスタントの殺害にとどまる見通しで承認したとされるが、実際には多くの都市に拡散し、フランス全土で1万人以上とも言われる犠牲者を出した。
 カトリーヌの関与の度合いについては昔から色々言われていたが、六行詩52番を見る限りでは、偽作者は事件の黒幕と見ていたようである。
 この読み方が正しい場合、1行目の「婦人」(2行目の「彼女」)はマルグリット、3行目の「婦人」(2行目の「母」)はカトリーヌということになるだろう。

その他

 1600Au では32番となっている。


名前:
コメント: