百詩篇第3巻50番

原文

La republicque 1 de la grande cité 2
A grand rigeur 3 ne voudra 4 consentir:
Roy sortir hors par trompete cité 5
L'eschele 6 au mur 7 , la cité 8 repentir.

異文

(1) republicque : Republique 1627 1672
(2) la grande cité : la grande Cité 1589PV 1649Ca 1650Le 1668 1672
(3) rigeur 1555 1840 : rigueur T.A.Eds. (sauf : riguenr 1611B, riguer 1627)
(4) voudra : vourda 1590Ro
(5) trompete cité : Trompette Cité 1672
(6) L'eschele : L'Eschelle 1672
(7) mur : Mur 1672
(8) la cité : la Cité 1589PV 1672

日本語訳

大都市の共和政体は
大変な強情さで同意したがらないだろう、
王が喇叭手 〔らっぱしゅ〕 を通じて外に出るよう命じたことに。
壁に梯子、都市は後悔する。

訳について

 2、3行目は後述するようにいくつかの読み方があるが、ここではピエール・ブランダムールの釈義、およびそれを踏まえた高田勇伊藤進の読み方に基づいた。ブランダムールは3行目の trompette を喇叭手から転じて「伝令使」と理解した。文脈からすれば十分に説得的だが、とりあえず訳では「喇叭手」にとどめた。

 大乗訳2行目「きびしくおこなわれ 容認されることはなく」 *1 は不適切。元になったはずのヘンリー・C・ロバーツの英訳でも、後半は Shall not consent と普通に能動態で訳されており、なぜ受動態になったのか不明。
 同3行目「王は都市のトランペットで呼びだされてでていき」は、言葉の補いようによっては成立する訳。

 山根訳2行目「過酷な弾圧に屈しないだろう」 *2 は、A grand rig(u)eur を副詞的に理解するのか、consentir の目的語と理解するのかの違い。ブランダムールらが前者で取ったため、当「大事典」もそれに従っているが、ジャン=ポール・クレベールのように、後者の意味に取る論者も存在している。
 同3行目「国王はらっぱに喚ばれ市から逐われ」も、3行目だけを切り離した訳としては十分に可能な訳。ブランダムールの読み方は3行目の cité を être cité de (~の命令を受ける)と関連する用法と理解したものである。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、共和政の大都市の候補としてジェノヴァ、ヴェネツィアジュネーヴなどを挙げたが、具体的な事件とは結び付けていなかった *3

 アナトール・ル・ペルチエは「バリケードの日」(1588年)と解釈した。この事件はカトリック同盟が中心となってパリ市民が放棄し、国王アンリ3世とその軍勢をパリから追い出した事件である。この解釈はチャールズ・ウォードジェイムズ・レイヴァーエリカ・チータムらが追随した *4

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)ジャン=シャルル・ド・フォンブリュヌの親子は、普仏戦争中に国防政府が直面したパリ包囲戦(1870年)と解釈した *5

 セルジュ・ユタンはルイ16世のヴァレンヌ逃亡事件と解釈した *6

 2016年のアメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利すると、3行目の「喇叭兵」(トロンペット)をトランプと結びつける解釈が見られるようになった。日本ではネットメディアのTOCANAがこれを(おそらく最初に)紹介した *7

同時代的な視点

 市壁に梯子が掛けられるのは攻囲戦の描写だが、従来特定のモデルは提示されてこなかった。
 ピーター・ラメジャラーも2003年の段階では不明としていたが、2010年には、シャルル8世のイタリア遠征と関連付けた *8


名前:
コメント: