ミシェル・ノストラダムスの予言集 (ジョリ、1815年)

 『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』は、1815年にアヴィニョンのジャン=アルベール・ジョリによっても出版された。

正式名

  • PROPHETIES DE MICHEL NOSTRADAMVS,
    • Dont il y en a trois cens qui n'ont iamais esté imprimees ;
    • Trouuees en vne Biblioteque laissee par l'Autheur.
    • NOUVELLE EDITION,
    • d'après un Exemplaire trouvé dans la Bibliothèque du célèbre PASCAL.
    • AVIGNON,
    • Chez J.-A. JOLY, IMPRIMEUR-LIBRAIRE,
    • 1815.

  • ミシェル・ノストラダムスの予言集。
    • 決して出版されなかった300篇を含み、
    • 著者の残した蔵書の中から発見された版。
    • 新版
    • かの有名なパスカルの蔵書から発見された伝本による。
    • アヴィニョン、
    • 印刷業者、書肆J.-A. ジョリの工房にて。
    • 1815年

 18世紀末のランドリオ出版社版などとほぼ同じ題名だが、最初に冠詞がない点と、ノストラダムスに敬称が付いていない点が異なる。なお、表紙には、小さな花模様なども含めて木版画は一切使われていない。
 事実上の二部構成だが、第二序文の前に扉はない *1

内容

 扉のあとに、ノストラダムスの伝記、第一序文(セザールへの手紙)、百詩篇第1巻から第6巻(ラテン語詩は含むが、補遺篇の百詩篇第6巻100番は含まない)、第7巻(補遺篇を含む48篇だが、73番以降の4篇は45番から48番と位置付けられている)、第二序文(アンリ2世への手紙)、百詩篇第8巻(補遺篇6篇を含む)、第9巻、第10巻(101番を含む)、第11巻(六行詩58篇と四行詩2篇で、四行詩は59番、60番とされているが、内容は従来の91番97番と同じ)、第12巻(11篇)の順に収められている。

特色

 題名からして1611年頃の特殊な副題を持つシュヴィヨ版の流れを汲んでいることは明らかで、実際に原文にはシュヴィヨ版に顕著な異文を色々含んでいる。

所蔵先



名前:
コメント: