百詩篇第10巻3番

原文

En apres cinq troupeau 1 ne mettra 2 hors vn
Fuytif 3 pour Penelon l'aschera 4 ,
Faulx murmurer secours 5 venir 6 par lors 7 ,
Le chef le siege 8 lors 9 habandonnera 10 .

異文

(1) troupeau : troupeaux 1600 1772Ri, troupe au 1627
(2) ne mettra : mettra 1665
(3) hors vn / Fuytif : hors / Vn fuytif 1605 1611 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1668 1672 1840
(4) l'aschera 1568A 1568B 1568I : laschera T.A.Eds.
(5) secours : secour 1665
(6) venir : vnir 1600 1644 1650Ri 1653 1665, vni 1627
(7) par lors : pour lors 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1653 1665 1716 1840
(8) chef : Chef 1672
(9) siege : Siege 1672
(10) lors : pour lors 1610
(11) habandonnera 1568 1590Ro : abandonnera T.A.Eds.

校訂

 1行目末から2行目冒頭にかけての行をまたぐ異文は非常に珍しいが、1行10音節という韻律と、1行目と3行目で韻を踏ませることを考慮すれば、1605 などのように un は2行目の冒頭に持ってこなければならない。実際、ピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールもそう読んでいる。
 2行目の Penelon は諸説あるが、ピーター・ラメジャラーは pour Penelon l'aschera を pour peines l'on laschera と読んでいる *1 。 その全体はともかく、とりあえず最後が laschera であるべきという点は他の論者の間でも異論がない。

日本語訳

五つの後、一群は排斥しないだろう。
一人の逃亡者は苦痛のために放免されるだろう。
すぐにも救援が来ると間違ってささやかれるので、
その時に指揮官は攻囲を解くだろう。

訳について

 1行目は前半律が en apres cinq で区切れるので、そこまでをひとまとまりと見なすべき。ピーター・ラメジャラーはこの cinq を疑問符つきで cinq ans (五年)と解釈したが、「五日」「五ヶ月」などの可能性もある。なお、en apres は「その後」(par la suite, dans la suite)を意味する成句だが、単なる apres と同じ意味にもなった *2 。mettre hors は「排除する、排斥する」(exclure)を意味する成句 *3
2行目はラメジャラーの校訂に従って訳した。Penelonをそのままにするなら、「一人の逃亡者はプヌロン(ペネロン)のために放免するだろう」となる。主語が1行目と同じとするなら「(一群は)一人の逃亡者をプヌロンのために放免するだろう」とも訳せる。
 3行目 murmurer (ささやく)は能動態だが、on が省略されているものと見なし、受動的に訳した。また、4行目との繋がりから言葉を補った。

 山根訳1行目「のちに五番目の者は群を追い出さぬ」 *4 は、上で述べた前半律の区切れ目から言えば不適切である。
 大乗訳1行目「五人のあとでひつじの群れはおいださず」 *5 は、構文理解上は問題ないが、troupeau を「ひつじの群れ」とまで特定できるかは大いに疑問。
 同2行目「彼はペネロンへの走路を解放し」は、fuitifを「走路」と訳すのが不適切。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールPenelon を意味不明とし、誤植が含まれている可能性を指摘していた *6 。詩の内容については解釈していなかった。


 セルジュ・ユタンは1940年にペタン元帥のヴィシー政権が成立したことと解釈した *7

 加治木義博は湾岸戦争直後にはその予言とし、Penelon はPLO(パレスチナ解放機構)とネロン(Néron, 暴君ネロのフランスでの呼称)の合成語とした *8 。のちには1993年10月にロシアで起こったクーデター騒動の予言でもあったとしたが、その場合の Penelon は意味不明とした *9

同時代的な視点



名前:
コメント: