六行詩32番

原文

Vin à foison, tres bon 1 pour les gendarmes 2 ,
Pleurs & souspirs, plainctes cris & alarme- 3
Le Ciel 4 fera 5 ses tonnerres 6 pleuuoir 7
Feu, eau 8 & sang, le tout meslé ensemble,
Le Ciel de sol, en fremit 9 & en 10 tremble,
Viuant n'a 11 veu ce qu'il 12 pourra 13 bien veoir.

異文

(1) tres bon : tresbon 1600Mo, tres-bon 1611B 1644 1649Ca 1672
(2) gendarmes : Gendarmes 1672
(3) cris & alarme- : crix & alarmes 1600Mo, cris & alarmes 1611 1627 1644 1649Ca 1672
(4) Ciel (vers3): ciel 1627 1644
(5) fera : fer 1672
(6) tonnerres : Tonnerres 1672
(7) pleuuoir : & pleuuoyr 1600Mo, pleuoir 1627
(8) eau : & eaue 1600Mo
(9) de sol, en fremit : fremist & le[?] Soleil 1600Au, de soy en fremit 1600Mo, de Sol, fremit 1611B, de Sol en fremist 1672
(10) & en : en 1600Au
(11) n'a : na 1672
(12) qu'il : quil 1672
(13) pourra : pourroit 1600Mo

日本語訳

騎兵たちのためのワインはとても上質でたっぷりとある。
涙と溜息、嘆き、叫びと憂慮。
天は雷鳴を轟かせ雨を降らせるだろう。
火、水、血の全てが一緒に混ざりあう。
日が照る空は慄き震えている。
彼がまさに見うるものを生者が見ることはない。

訳について

 5行目の冒頭が訳しづらい。テオフィル・ド・ガランシエールエドガー・レオニはともに Sun's heaven と英訳した。なお、1600Au や 1600Mo の異文からすれば、本来の原文とは異なっている可能性がある。
 6行目「彼」は「それ」とも訳せる。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは1634年にブドウが大豊作だった様子と、同じ時期のドイツとスウェーデンの戦争(三十年戦争)と解釈した *1

 匿名の解釈書『暴かれた未来』(1800年)では、フランス革命と解釈されていた *2

その他

 1600Au では29番になっている。


名前:
コメント: