六行詩23番

原文

Quand la grand nef 1 , la prouë 2 & gouuernal 3 ,
Du franc pays 4 & 5 son esprit 6 vital,
D'escueils 7 & flots 8 par la mer 9 secoüée 10 ,
Six cens & sept 11 , & dix coeur assiegé
Et des reflus 12 de son corps affligé,
Sa 13 vie estant sur ce mal renoüée 14 .

異文

(1) nef : Nef 1672
(2) la prouë : l'aprouue 1600Mo, la proüe 1611 1627, la prove 1672
(3) gouuernal : gouuernoul [?] 1600Au, gouüernail 1600Mo, Gouvernail 1672
(4) pays : Pais 1672
(5) & : de 1600Au
(6) esprit : Esprit 1672
(7) D'escueils : De cruels 1600Mo, Descueils 1672
(8) & flots : flots 1600Mo
(9) mer : Mer 1672
(10) secoüée : secouee 1600Mo, secouëe 1627, secovée 1672
(11) & sept : sept 1600Mo
(12) reflus : regrets 1600Mo, reflux 1644
(13) Sa : La 1600Mo
(14) renoüée : renouëe 1627, renovée 1672

日本語訳

自由の国の大きな船体、舳先、舵、
そしてその生命の真髄が、
暗礁と波とで海に揺さぶられる時、
六百と七、そして十、心臓部が攻囲され、
胴体の衰えに悩まされるだろう。
その生命はこの災禍の上で更新される。

訳について

 2行目「自由の国」は「フランク人の国」とも訳せる。上の訳では語順の関係上、1行目に回した。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、アンリ4世が暗殺された1610年からコンチニが暗殺された1617年までのフランスに関する予言と解釈した *1

 ロルフ・ボズウェルはナチスの占領下に置かれたパリに奮起を勧める詩と解釈した *2

その他

 1600Au では20番になっている。


名前:
コメント: