六行詩43番

原文

Le petit coing, Prouinces 1 mutinées 2
Par forts 3 Chasteaux 4 se verront 5 dominées 6 ,
Encor vn coup par la gent militaire 7 ,
Dans bref seront fortement assiegez,
Mais ils 8 seront d'vn tres-grand 9 soulagez,
Qui aura 10 fait entrée 11 dans 12 Beaucaire 13 .

異文

(1) Prouinces : prouince 1600Mo, prouinces 1627
(2) mutinées : mutinuee 1600Mo
(3) forts : fois 1611B, fort 1627
(4) Chasteaux : chasteaux 1600Mo 1644
(5) se verront : se uera[?] 1600Au, uerra 1600Mo
(6) dominées : dominee 1600Au 1600Mo
(7) militaire : Militaire 1672
(8) ils : il 1672
(9) tres-grand : tresgrand 1600Mo 1672
(10) Qui aura : Qu'ils auront 1600Mo
(11) entrée : entrer 1600Mo
(12) dans : dedans 1600Mo
(13) Beaucaire : Bauchaire 1627

日本語訳

小さな片隅で叛乱を起こした諸州は、
強大な城に支配されていることを自覚するだろう。
もう一度、軍人たちによって
瞬く間に厳しく攻囲されるだろう。
しかし、彼らは助け出されるだろう、
ボーケールに入市していた大偉人によって。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、連合州(Provinces Unis, オランダ連合州)がミュンスターの講和(ウェストファリア条約)で正式に独立が認められるまで、たびたび騒乱に見舞われたことと解釈し、それを助け出した偉人はフランス王とした *1

 ジャック・ド・ジャンは彼が解釈した時点で始まったばかりだったオランダ戦争(1672年 - 1678年)と解釈した *2 。この戦争は当初は英仏の連合軍とオランダの間で争われた。

同時代的な視点

 「諸州」がオランダ(北部七州)を指していることはほぼ疑いないものと思われる。1581年にオランダが独立宣言を出した後、独立を認めないスペインとの間で戦争は継続されており、この詩が偽作されたと思われる17世紀初頭でも終結していなかった。フランスはハプスブルク家を牽制する目的でオランダを支援していたので、この詩はその延長線上に描かれたものだろう。

その他

 1600Au では41番になっている。


名前:
コメント: