百詩篇第3巻45番

原文

Les cinq estranges 1 entrés 2 dedans le temple 3 ,
Leur 4 sang viendra la terre 5 prophaner 6 :
Aux Thoulousains 7 sera bien dur 8 exemple
D'un qui viendra ses loys 9 exterminer.

異文

(1) estranges : estrangers 1649Ca 1650Le 1668
(2) entrés : entrees 1557B
(3) temple : peuple 1644 1650Ri 1653 1665, Temple 1605 1628 1649Xa 1672
(4) Leur : Le 1665
(5) terre : Terre 1672
(6) prophaner : profaner 1650Ri
(7) Thoulousains : Toulouzins 1588-89, Tholozains 1590Ro, Tholousains 1557U 1568 1597 1605 1611 1628 1649Xa 1660 1772Ri, Tholosains 1557B 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1650Le 1653 1665 1716, Tholouseins 1589PV, Thoulouseins 1649Ca, Thoulosains 1668P, Thoulousain 1672
(8) dur : dure 1649Ca
(9) ses loys : les loix 1649Ca 1650Le 1668

校訂

 2行目 prophaner は profaner の方が良いが、綴りの揺れの範囲なのだろう。

日本語訳

五人の外国人たちが神殿に入り、
彼らの血が地面を汚すことになるだろう。
トゥールーズ市民たちには非常に厳しい例示となるだろう、
彼らの法制を滅ぼしに来るであろう一人からの。

訳について

 1行目は受動態ではなく、直説法前過去と理解した。これはエヴリット・ブライラー高田勇伊藤進の読み方を踏まえたものである。

 山根訳は4行目「法を一掃しにやってくる男がもたらす怒り」 *1 の「怒り」が不明。元になったはずのエリカ・チータムの英訳でも「怒り」に当たる語はない。
 大乗訳も4行目「かれらの法を破ろうとしてやってきた人に代わって」 *2 が少し微妙である。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、5人の審議官(commissioners)がトゥールーズの行政府に何らかの変更を要求しに来るが、教会の中で殺害されることになる予言だろうとした *3


 ジェイムズ・レイヴァーは、解放戦争(1813年 - 1814年)中に、フランスがイギリス、オーストラリア、プロイセン、ロシア、スペインから攻められたことと解釈した *4エリカ・チータムはその解釈を踏襲した *5

同時代的な視点

 ロジェ・プレヴォは、1531年にトゥールーズで最初に宗教改革を説いたのがイタリア人を含む3人のアウグスティヌス会士と2人のフランシスコ会士だったことと、彼らの宣教がトゥールーズでの大弾圧をもたらしたことがモデルになったとした *6ピーター・ラメジャラーはこの解釈を踏襲した *7


名前:
コメント: