百詩篇第7巻15番

原文

Deuant cité 1 de l'insubre 2 contree 3 ,
Sept ans sera le siege 4 deuant mis:
Le tresgrand 5 Roy y fera 6 son entree 7 ,
Cité, puis libre hors de ses ennemis.

異文

(1) cité : Cité 1672
(2) l'insubre 1557U 1557B 1568A 1590Ro 1653 : l'Insubre T.A.Eds. (sauf : l Insubre 1568C)
(3) contree : Countrée 1672
(4) siege : Siege 1672
(5) tresgrand : tres-grand 1590Ro 1600 1610 1611B 1644 1650Ri 1660 1672 1716 1772Ri, tres grand 1627 1653 1665 1668P 1840
(6) y fera : fera 1672
(7) entree : eutree 1557B

日本語訳

インスブリア地方の都市の前で、
七年間、前での攻囲が行われるだろう。
非常に偉大な王がそこに入るだろう。
そして都市は、敵たちから自由に。

訳について

 大乗訳1行目「低い国の都市の前」 *1 は恐らく誤訳。上で「インスブリア地方」と訳した語は古代の部族名に由来している。その部族名の由来までは確認できていないので、「低い国」を意味している可能性も否定はできない。しかし、テオフィル・ド・ガランシエールがピエモンテと英訳していたものをヘンリー・C・ロバーツが the lower country と修正していること、そしてこの種の根拠不明なロバーツの改変は信頼性が低いことを考えるなら、安易に追従しないでおくのが無難だろう。
 大乗訳4行目「町は敵の手で満たされる」は誤訳。hors de... は「~から外れて、~を除いて」の意味である。

 山根訳は問題ない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、「解釈の必要なし」とだけ注記した *2

 その後、20世紀までこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードの著書には載っていない。

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)ロルフ・ボズウェルは、未来に再びアヴィニョンに教皇庁が移る予言とした *3

 セルジュ・ユタンはナポレオンに関する詩か、もしくは未来の大君主に関わる詩とした *4

同時代的な視点

 ロジェ・プレヴォは、フランソワ1世が1515年から1522年の7年間、ミラノ周辺を支配したものの、ビコッカの敗戦によってその支配権を失ったことと解釈した *5ピーター・ラメジャラーもその読み方を支持した *6


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • オーストリア継承戦争と7年戦争? -- とある信奉者 (2011-03-20 00:34:16)
名前:
コメント: