Demonstration de l'eclipce lamentable du Soleil

 『 1571年のつい先頃の聖ミカエルの祝日に一日中続いた悲痛なる日蝕の提示 』(Demonstration de l'eclipce lamentable du Soleil que dura le long du jour de la Saint Michel dernier passé 1571)は、1571年にパリのニコラ・デュモンによって出版されたアントワーヌ・クレスパンの著書。

【画像】扉 *1

正式名

  • DEMONSTRACION DE L'ECLIPCE LAMEN-Table du Souleil que dura le long du iour de la Seint Michel dernier passé. 1571. auec autres plusieurs monstres ueu par ung monde infiny de peuple
    • contample & declaire par M. Anthoine Crespin Nostradamus de Prouance Docteur Conseillier medecin & Astrologue ordinere du Treschretien Roy de France & de Madame la Dugesse de Sauoye dedie a nostre S. Pere le Pappe.
    • A PARIS MDLXXI.
    • Par Nicolas dumont. Auec Priuilege du Roy.

  • 1571年のつい先頃の聖ミカエルの祝日に一日中続いた悲痛なる日蝕と数え切れない人々によって目撃された他の多くの他の怪異の提示
    • 敬虔なキリスト教徒たるフランス王とサヴォワ公妃お抱えの博士、顧問、医師、占星術師アントワーヌ・クレスパン・ノストラダムス師によって熟慮されて明示され、教皇聖下にささげられた版。
    • パリにて、1571年。
    • ニコラ・デュモンによって。国王の特認とともに。

 Demonstration は中期フランス語で「表明、顕示」(manifestation)、「兆候、特徴」(signe)の意味 *2

内容

 ノンブルのない7葉の文献である。
 扉にもあるように、全体がローマ教皇にあてた書簡の形式が採用されている。なお、聖ミカエルの祝日は9月29日である。

所蔵先

  • フランス国立図書館


名前:
コメント: