Propheties par l'astrologue du treschrestien Roy de France

 『 敬虔なキリスト教徒たるフランス王とサヴォワ公妃に仕える占星術師による予言集 』(Propheties par l'astrologue du treschrestien Roy de France & de Madame la Duchesse de Savoye.)は、リヨンフランソワ・アルヌレによって1572年に出版されたアントワーヌ・クレスパンの著書。クレスパンの著書の中でも、本家ノストラダムス百詩篇集からの剽窃が特に目立つ文献である。

【画像】(左)リヨン市立図書館所蔵、(右)大英図書館所蔵 *1 。題名の2列目や文字配列など、いくつもの違いがある。

正式名

  • Propheties par l'astrologue du treschrestien Roy de France & de Madame la Duchesse de Sauoye, dediees à la puissance Diuine, & à la nation Françoise.
    • A LYON,
    • Par François Arnoullet. 1572.
    • Auec priuilege du Roy.

  • 敬虔なキリスト教徒たるフランス王とサヴォワ公妃に仕える占星術師による、神の御力とフランスの民に捧げられた予言集
    • リヨンにて、
    • フランソワ・アルヌレによる。1572年
    • 国王の特認とともに。

 上記題名はリヨン市立図書館の伝本にしたがっているが、大英図書館の伝本には treschrestien という言葉がない。

内容

 ノンブルのない30ページの文献である。
 1572年3月24日の日付の見られる特認の抜粋に続く本編は、様々な人物に向けられた散文体の予言である。しかし、その文面の多くはノストラダムス本人の百詩篇集からの大々的な剽窃によって成り立っており、様々な詩句を継ぎ接ぎしていることが読み取れる。

コメント

 クレスパンの著書の中では、ノストラダムス本人からの剽窃が最も目立つ文献という点で重要である。特に注目すべき点は、ジャック・アルブロンも指摘するように *2初版本に収録されていた詩篇(百詩篇第4巻53番(未作成)まで)と、いわゆる第二部(百詩篇第8巻から百詩篇第10巻まで)からの剽窃しかなく、百詩篇第4巻54番から百詩篇第7巻42番までの剽窃は全くないことである。
 この事実は、アントワーヌ・クレスパンの手許に、初版本と「第二部のみが収録された版」の2種類しかなかった可能性を示している。1572年以前の「第二部のみが収録された版」などは現存しておらず、実在したかどうか自体が論点になっている1558年版をめぐる論争にも関わってくることは確かだろう。

所蔵先

  • フランス国立図書館、リヨン市立図書館
  • 大英図書館

 Gallicaで公開されているのはリヨン市立図書館の伝本だが、大英図書館の伝本はそれと内容的に食い違う点がいくつもある。扉のレイアウトも異なっていることは上の画像で分かるとおりだが、それらだけでなく特認の文面すら異なっている(大英図書館のものには日付がない)。

関連項目



名前:
コメント: