ヴィエンヌ

  ヴィエンヌ (Vienne)は、フランス南東部、イゼール県の都市。ローヌ川の左岸に位置する河港都市で、古来、交通の要衝として重要な地位を占めてきた。

歴史

 ローマ帝国に占領される前はアロブロゲス人たちの拠点都市のひとつであり、ローマ併合後はウィエネンシス州の主要都市となった。古代ローマ時代の名称ウィエンナ(Vienna)はカエサルの『ガリア戦記』にも見られるが、正確な語源は分からないらしい。その後、ブルグント王国の首都となり、1349年にフランス王国に編入された。

 現在でも古代ローマ時代の劇場跡や神殿跡、13世紀以降に現在の形に改築されたサン=モーリス大聖堂などが残っている *1

ノストラダムス関連

 ノストラダムス自身がヴィエンヌに立ち寄ったことかどうかを史料的に確認できるかは不明だが、ヴィエンヌから川沿いに少し遡上すればリヨンに至るため、当然立ち寄ったことはあっただろう。

 フランス語ではオーストリアのウィーンのことも Vienne と綴るので、百詩篇集での登場箇所を特定するのはやや難しいが、第9巻70番(未作成)第10巻94番(未作成)でほぼ確実に言及されている。
 第1巻82番(未作成)第5巻94番(未作成)第10巻61番(未作成)は中欧の地名などと登場しているため、ウィーンの方と思われる。ほか、恐らく偽作だろうが第8巻の補遺篇6番でも言及されているものの、これはどちらか特定できない。

地図


大きな地図で見る

名前:
コメント: