百詩篇第1巻70番


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


原文

Pluie, faim, guerre 1 en Perse 2 non cessée
La foy trop grande 3 trahira le monarque 4 ,
Par la finie en Gaule commencée:
Secret augure pour à vng 5 estre parque 6 .

異文

(1) faim, guerre : Faim, Guerre 1672
(2) Perse : Parse 1605 1649Xa, perse 1589PV 1627
(3) grande : grand 1557U 1557B 1568 1589Rg 1589Me 1590Ro 1591BR 1597 1600 1610 1611B 1716 1772Ri 1981EB, grand' 1588Rf
(4) monarque : Monarque 1588-89 1590SJ 1644 1649Ca 1650Le 1653 1660 1665 1668 1672
(5) pour à vng : pour un 1668P
(6) parque : Parque 1644 1653

校訂

 現代式の綴りでは、3行目 Par la finie は Par là finie となっているべき。
 エヴリット・ブライラーは、4行目の pour à は pourra ではないかとしていた *1

日本語訳

雨、飢餓、戦争がペルシアで止むことはない。
とても大きな信頼が君主を裏切るだろう。
ガリアでは始められ、そこでは終わる。
秘密の前兆は、ある者に対して倹約させるためのもの。

訳について

 大乗訳3行目「ついにはフランスにもはじまり」 *2 は、par la finie を à la fin (ついに)と同一視したものだろうが、妥当性は疑問。
 同4行目「君主が殺されるという 秘密のきざしがあらわれる」は、un を「君主」と訳すことの当否はともかく、「殺される」はparqueの読み方次第で成立の余地がある。

 山根訳4行目「不吉な前兆がひとりの口に 閉じこめられよう」はparqueを「口数が少ない」の意味に取れば、許容範囲内と思われる。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、ほとんどそのまま言い換えたような解釈しかしていなかった *3
 その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、バルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)アンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルの著書には載っていない。

 しかし、1979年にイラン革命が起こり、パーレビ政権が倒れると、その予言だとする解釈が多く見られるようになる。

 五島勉は『ノストラダムスの大予言II』(1979年)において、前半は当時進行中だったイラン革命の様子そのものとし、イランで今後も戦争が絶えない詩としていた。なお、『ノストラダムスの大予言スペシャル・日本編』(1987年)では、イラン・イラク戦争を的中させたと紹介していたが、『大予言II』では1980年代半ばに起こるとしていた第五次中東戦争の詩の一つとして解釈していた *4

 エリカ・チータムも1973年の段階では特定の事件と結び付けていなかったが、『決定版ノストラダムスの予言集』(1989年)では、イラン革命と解釈した。その際、3行目を「フランスで始まったことがそこ(ペルシア)で終わる」と読んで、イラン革命の指導者であるホメイニは、パリに滞在して機会をうかがっていたことと結びつけた。

 セルジュ・ユタンも1978年の段階では20世紀のペルシア史と結び付けられる可能性を示すにとどまる曖昧な解釈だったが、1981年にはこの詩の前半はイラン革命のことだと解釈した *5


同時代的な視点

 ピエール・ブランダムール高田勇伊藤進百詩篇第2巻27番と関連がある可能性を示すにとどまり、ピーター・ラメジャラーも特定のモデルを提示していない。

 ジャン=ポール・クレベールは、ガリア人の部族テクトサギ人が東方(デルポイ)の黄金を強奪しに行ったことと部分的に重ねている *7


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • 明確にフランスからイラン革命を支持したホメイニと、アメリカに裏切られたイラン国王そして、イラン・イラク戦争を予言した詩篇 -- とある信奉者 (2011-03-20 00:29:24)
名前:
コメント: