中山茂

  中山茂 (なかやま しげる、1928年6月22日 - 2014年5月10日)は、兵庫県出身の科学史家。東京大学理学部卒業、ハーバード大学 Ph.D. (科学史)。東京大学助教授、神奈川大学教授などを歴任し、神奈川大学名誉教授 *1

 著書に『占星術 ― その科学史上の位置』『西洋占星術』などが、訳書にクーン『科学革命の構造』などがある。


【画像】『占星術 ― その科学史上の位置』


【画像】『科学革命の構造』

ノストラダムス関連

 1999年に娘の中山由佳との共訳で、ジェイムズ・レイヴァーの『預言者ノストラダムス ― あらかじめ語られた未来 ―』を翻訳した。第二章から第五章、第七章から第九章とエピローグ、および全体の統一を担当したという *2

外部リンク



コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。


  • 逝去されていたことに気づいたのが本日のことだったため、遅きに失した感はありますが、ご冥福をお祈りいたします。『占星術 - その科学史上の位置』『西洋占星術』の2冊は、かつて私が西洋占星術の科学史的な意味での基本認識を培う上で、非常に大きな位置を占めた著書でした。 -- sumaru (2014-09-28 22:49:28)

名前:
コメント: