Pronostication generale, pour l'annee M. D. LXXV.

 『 1575年向けの全般的な占筮 』(Pronostication generale, pour l'annee M. D. LXXV.)は1574年にルーアンで出版されたアントワーヌ・クレスパンの著書。

【画像】扉 *1

正式名

  • PRONOSTICATION GENERALE, POUR L'ANNEE M. D. LXXV.
    • Composee & claculee par tous les Climats de la terre, par M. Crespin Archidamus, Seigneur de haute-ville, Docteur, Medecin, Conseiller ordinaire & Astrologue du Roy Empereur de France & de Pologne, & de la Royne Prinsesse de Sauoye, & du Seigneur le Prince d'Alphin, & de Monsieur l'Admiral de ce Royaume,
    • enuoyé au dit Roy & dedié au dit Prince d'Alphin.
    • A ROVEN.
    • Iouxte la copie Imprimée à Lyon par Iean Huguetan.
    • Auec priuilege general du Roy.

  • 1575年向けの全般的な占筮
    • フランスとポーランドの帝王、サヴォワの妃殿下、王太子殿下、この王国の提督閣下たちお抱えの博士、医師、顧問、占星術師にしてオートヴィルの領主クレスパン・アルキダムス師によって、地上の全気候帯のために算定され構成された。
    • 前記の国王に送られ、王太子に捧げられた版。
    • ルーアンにて。
    • リヨンでジャン・ユグタンが出版した版に基づく。
    • 国王の全般的な特認とともに。

内容

 所蔵しているマザラン図書館のオンライン目録によれば、八つ折版32ページ(白紙1ページ含む)だという。題名の通り、1575年について予測したものだろうが、詳細な内容は不明。国王アンリ3世向けの献辞の日付は1574年7月31日だという *2

コメント

 前王シャルル9世の死は5月30日のことで、7月の時点では新王アンリ3世はまだポーランドから帰国していなかった *3 。その状態で果たして本当に「お抱えの」(ordinaire)占星術師の地位についていたのか、少々疑問に思える。

所蔵先

  • マザラン図書館

 なお、扉に「リヨンでジャン・ユグタンが出版した版に基づく」とある以上、先行した版があったのは間違いないが、そちらは現存しない。

 ミシェル・ショマラロベール・ブナズラの書誌には載っていない。この文献を最初に指摘したのは、おそらくジャック・アルブロンだったはずである。


名前:
コメント:


*1 画像の出典:http://nostredame.chez-alice.fr/nhalb92.html#137. 引用に際して色調を変更し、マーカーの色が目立たないようにした。

*2 Halbronn [2002] p.89

*3 柴田・樺山・福井『フランス史2』