Pronostication generale du ciecle Soleire (1576)

 『 太陽の周期の全般的な占筮 』(Pronostication generale du ciecle Soleire)は、1576年にリヨンジャン・パトラソンによって出版されたアントワーヌ・クレスパンの著書。

【画像】扉 *1

正式名

  • Pronostication generale du ciecle Soleire qui se faict en xxviii.ans, & dure perpetuellement, extraicte & corrigée de plusieurs Antiens Philososophes & de toutes langues :
    • laquelle est fort necessaire & vtile à toutes personnes pour pouruoir à eux ce quil leur est necessaire, & en toutes sortes d'estat :
    • enuoyée à Messieurs de la iustice de Lyon, dediée à Monsieur de la Mante,
    • par M. Crespin Archidamus, seigneur d'Auteuille Docteur, Medecin, Conseiller ordinaire & Astrologue du Roy, & du Prince Dauphin, & de l'Admiral de ce Royaume.
    • Il est adioinct dedans pour connoistre par le Soleil, ce qu' il doit venir les iours suyuants.
    • A LYON,
    • PAR IEAN PATRASSON.
    • Auec Priuilegt general du Roy.
    • 1576.

  • いにしえの哲学者たちと全ての言葉から抜粋され正された、28年で形成され永遠に続く太陽の周期の全般的な占筮
    • しかるべき備えをするための全ての人々とあらゆる身分に強く必要とされる有益なもの。
    • リヨン裁判所の御歴々に送られ、マントの領主に捧げられた版。
    • 国王、王太子、この王国の提督お抱えの博士、医師、顧問、占星術師たるオートヴィルの領主クレスパン・アルキダムス師による。
    • 続く日々に起こるに違いないことを太陽によって知りえたので、中に追加している。
    • リヨンにて、
    • ジャン・パトラソンによる。
    • 国王の全般的な特認とともに。
    • 1576年

内容

 八つ折版41ページの文献である。現存する唯一の伝本の最後が欠落しているので、実際にはもう数ページ多かったものと思われる。いずれにしても、大著といえる量ではないが、クレスパンの著書の中では最もページ数が多い。
 最初にマントの領主への献辞が収められている。続いて「太陽の周期」の定義が簡潔に示されている。それによると、太陽の周期とは28年を単位として永遠に巡る周期で、年ごとに支配する星などが決まっており、例えば1574年は太陽の周期の15年目で、ウェヌスに支配されているという。

【画像】太陽の周期の図

 そうした説明の上で、以下、1年目から28年目までの周期的な特色について順に説明されている。

所蔵先


他の版

 少なくとも1604年に同じ題名の著書が出版されている。

先行する版

 パリの出版業者アントワーヌ・ウイックは、1573年に『28年間の太陽の周期の全般的な占筮』(Pronostication generalle du circle Solaire, pour vingthuict ans)という文献を出版していた。Gallica でも公開されているが、その内容には(周期表も含めて)多くの類似が見られる。しかし、その著者は I.D. と名乗る人物であり、クレスパンの著書は単なる盗用ではないかとも思える。
 題名にしても ciecle という変則的な綴り(cycle と siecle を折衷したような綴りで、フランス語には無い)が登場していたのは、I.D. の著書の circle の写し間違いの可能性がある。


名前:
コメント: