Pronostication generale du ciecle Soleire (1604)

 『 太陽の周期の全般的な占筮 』(Pronostication generale du ciecle Soleire)は、1604年にリヨンジャン・パトラソンによって出版されたアントワーヌ・クレスパンの著書。現在確認できる範囲内ではクレスパン最後の著作である。

【画像】著書に収録されているという肖像画と詩篇 *1 。これは1576年版には見られない。

題名

 扉の写真・画像を公開している著書やサイトは、おそらく存在していないものと思われる。また、扉の文言を全て抜き出している書誌情報も、所蔵先のオンライン目録も含め、今のところないものと思われる。ここでは、ジャック・アルブロンが抜粋している書名を元に紹介する *2
  • Pronostication generale du ciecle soleire qui se faict en XXVIII.ans, & dure perpetuellement, extraicte & corrigée de plusieurs Anciens Philosophes,
    • laquelle est fort necessaire & utile à toutes personnes...
    • par M. C. Archidamus excellent Philosophe & grand Mathematicien du Roy.

  • いにしえの哲学者たち(の著作)から抜粋され正された、28年で形成され永遠に続く太陽の周期の全般的な占筮
    • 全ての人々に強く必要とされる有益なもの・・・
    • 国王の優れた哲学者にして偉大な占星術師(数学者)A. C. アルキダムス師による。

 1576年に出された同名の著書と比べると、クレスパンの肩書きがかなり簡素になっているのが目を引く。

内容

 未詳。

所蔵先

  • オックスフォード大学ボドレー図書館


名前:
コメント: