百詩篇第6巻51番

原文

Peuple assemblé 1 , voir nouueau expectacle 2 ,
Princes & Roys par plusieurs 3 assistans :
Pilliers faillir, murs, mais 4 comme miracle,
Le Roy 5 sauué 6 & trente des instans.

異文

(1) assemblé : assamblé 1590Ro, assemble 1672
(2) expectacle : exspectacle 1605 1649Xa, spectacle 1590Ro 1672, espectacle 1650Ri
(3) plusieurs : plusieus 1557B
(4) murs, mais : murs, mis 1557B, murs : Mais 1627
(5) Roy : roy 1590Ro
(6) sauué : sauve 1649Xa 1672
(注意)1588-89では、3-4-1-2の順でIV-14に差し換えられており、収録されていない。

日本語訳

新しい見世物を見に集まった人々。
王子たちと王たちも多くの支持者たちのために。
柱と壁は崩れるが、奇跡のように
救われた王と、居合せた人々のうち三十人。

訳について

 4行目は「王とその場の三十人は難を逃れる」 *1 などと訳されるが、sauvéが王だけでなく30人にも掛かるかは微妙である。ノストラダムスがしばしば用いた変則的な活用からすると、そうも読める。
 ただし、「王は三〇人の味方によって救われる」 *2 と読むのはかなり苦しい。原書でのロバーツの英訳でも“The King saved, and thirty of the standers-by” *3 となっており、解釈を交えて訳しすぎなのではないかと思われる。

信奉者側の見解

 ヒトラー暗殺未遂事件(1939年)の予言 *4 と解釈される。ほか、19世紀のルイ=フィリップの襲撃事件と結び付ける者もいる *5

同時代的な視点

 ピエール・ブランダムールエドガー・レオニ百詩篇第6巻37番とプロットが似通っていることを指摘している *6

 ロジェ・プレヴォは1305年にリヨンで即位式を行ったローマ教皇クレメンス5世と結び付けている。この即位式にはフランス王、アラゴン王をはじめとする諸侯が列席したが、壁の崩落事故が起こり、ブルターニュ公らが亡くなったのである *7 。プレヴォは百詩篇第2巻97番も関連があると見ており、こうした説はピーター・ラメジャラーも支持している。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • レーニンと支持者30人を乗せた封印列車。見世物は同時期のファティマ預言。"柱と壁は崩れるが"はロマノフ王朝の終焉の比喩。 -- とある信奉者 (2010-07-24 10:44:59)
名前:
コメント: