ピエール・ド・ノートルダム

  ピエール・ド・ノートルダム (Pierre de Nostredame, 1430年頃 - 1485年頃)は、ノストラダムスの父方の祖父。アヴィニョンで穀物商と高利貸を営んでいた。 クレカ・ド・カルカソンヌ (Crescas de Carcassonne)、 ギ・ガソネ (Guy Gassonnet)、 ギドン・ガソネ (Guidon Gassonnet)、 ヴィド・ガソメ (Vido Gassomet)、 ペロ・ド・サント=マリー (Perrot / Peyrot de Sainte-Marie)など、多くの名で公文書に記録されている *1

 関連文献においてカルパントラのピエール・ド・ノートルダム(未作成)や、息子であるアルルのピエール・ド・ノートルダムと区別するときには、「アヴィニョンのピエール・ド・ノートルダム」と書かれることもある。

生涯

 ダヴァン・ド・カルカソンヌの子供の一人として、アヴィニョンで生まれた。生まれたときの名はクレカといった。
 1448年に18歳くらいで結婚しているため、1430年頃の生まれと推測できる *2 。ただし、亡くなったときの年齢とは、若干の齟齬がある。
 最初の妻はシストロン(Sisteron)という町に住んでいたクレカ・ド・カステロの孫ステラ・ド・カステロ(Stella de Castello)だった *3

 クレカは小麦やカラス麦を扱う卸売商(courtier)として活動し、高利貸も営んでいた *4

 時期は不明だが、モントゥー(Monteux)に住んでいたジェセ・ガソネ(Jessé Gassonet, ジョス Josse とも)の娘ブナストリュジー・ガソネ(Benastrugie Gassonet)と再婚した *5 。ブナストリュジーは、アストリュグ(Astrugue)とも言ったらしい。ジェセはクレカの親戚だったらしく、キリスト教徒に改宗していた *6
 しかし、ブナストリュジー自身は、クレカがキリスト教徒に改宗した後も改宗を拒み、結局1463年6月に正式に離婚が認められた *7

 クレカが改宗した時期ははっきりしない。
 エドガール・ルロワは1454年頃とし、改宗後の名であるピエール・ド・ノートルダム(ペトロ・デ・ノストラ・ドミナ)は、1455年の穀物取引記録ですでに見られるとしている *8
 その一方、ウジェーヌ・レーは、1460年1月24日に先立つ5ヶ月の間に改宗したとしており、1457年の時点で「クレカ・ド・カルカソンヌ」が「アヴィニョンのユダヤ人」とされている記録も挙げている *9 。また、改宗の背景として、1459年6月にカルパントラで起きたユダヤ人虐殺事件が、切迫した恐怖を呼び起こした可能性を指摘した *10
 いずれにしても、1460年代初頭までにキリスト教に改宗し、そのことがブナストリュジーとの離婚につながったことは確かなようである。

 ピエール・ド・ノートルダムは、1464年12月8日にキリスト教徒ブランシュ・ド・サント=マリーと婚約の式(fiançailles)を執り行い、三度目の結婚をした *11 。ブランシュとの間には、ジョームフランソワピエールカトリーヌバルトロメマルグリットという6人の子供をもうけた。

 ピエールは生涯、穀物商人として活動し、不動産取引に関心を示した時期もあったようである *12

 正確な没年は不明だが、1485年2月の記録を元に、1484年から1485年にかけて、52歳くらいで亡くなったと推測されている *13


名前:
コメント: