カトリーヌ・ド・ノートルダム

  カトリーヌ・ド・ノートルダム (Catherine de Nostredame)は、ノストラダムスの叔母。ピエール・ド・ノートルダムブランシュ・ド・サント=マリーの間に生まれた子供の一人で、長女と推測されている *1エドガール・ルロワは認識していなかったが、ウジェーヌ・レー(未作成)の調査で明らかになった。

 生年未詳は未詳である。1483年初め頃に、アルルの商人トロフィム・エカルディ(Trophime Aycardi)と結婚した。この時点で18歳以下であったろうとされている。ウジェーヌ・レーはその根拠を示していないが、おそらく両親の結婚の年から判断したものだろう。

 その後、アルルの仲買人(négociant)であったトロフィム・マリー(Trophime Marie)と再婚し、一子(名前は未詳)をもうけたが、1498年に死別した。1502年には、アルルの改宗キリスト教徒(職業未詳)のルイ・ジャン(Louis Jean)と三度目の結婚をした。その後のことはよく分からない *2


名前:
コメント: