Prognostication, Et Amples Predictions, pour l'an...mil cinq cens soixante-sept

 『 イエス・キリスト紀元1567年向けの占筮と多くの予言 』(Prognostication, Et Amples Predictions, pour l'an de Iesus Christ, mil cinq cens soixante-sept)は、1566年頃にパリのギヨーム・ド・ニヴェールによって出版されたミシェル・ド・ノストラダムス(ノストラダムス2世)の著書。

【画像】扉 *1

正式名

  • PROGNOSTICATION, ET AMPLES Predictions, pour l'an de Iesus Christ, mil cinq cens soixante-sept. An Embolismal.
    • A MONSEIGNEUR Francois Duc d'Alencon.
    • PAR MI DE NOSTRADAMVS
    • La forte race Bazanée / Veut ouurir les portes d'arein : / Mais vne heureuse destinée / Rompt le fil de son vain dessein.
    • A PARIS,
    • Par Guillaume de Nyuerd, Imprimeur & Libraire.
    • AVEC PRIVILEGE DV ROY.

  • 閏月のあるイエス・キリスト紀元1567年向けの占筮と多くの予言
    • アランソン公フランソワ殿下へ。
    • Mi. ド・ノストラダムスによる。
    • 「黒ずんだ肌の強き民族が / 青銅の門を開きたがる。/ だが幸運な巡り合わせが / その無為な企ての糸を断ち切るだろう」
    • パリにて、
    • 印刷業者・書肆ギヨーム・ド・ニヴェールによる。
    • 国王の特認とともに。

 Embolismal は、古フランス語の Embolismel と同じだろうと思われるが、これは「閏月のある」の意味である *2 。太陰暦が登場してくるのは不自然なので単なる「閏年」の意味かもしれないが、閏年は1568年であって1567年ではない。

内容

 40ページの文献である。
 最初に1566年8月末日付の特認の抜粋が掲載されている。
 続いて、アランソン公フランソワ(アンリ2世の四男)に宛てた日付のない献辞が収録されている。この献辞に、ジャン・デュペーブが指摘したことで知られるようになった *3 、「(私が本家ノストラダムスの)弟子であると自ら認めることを何ら恥じるものではありません」という言葉が出てくる。日付はない。
 本編は全般的な占筮と月ごとの占筮、そして1567年の日食についての占筮で構成されている。いずれも散文だが、月ごとの占筮は冒頭に四行詩が掲載されている。扉の四行詩がそうであるように、本編に見られる四行詩に、ノストラダムス作品と一致するものはない。

所蔵先

  • ヴォルフェンビュッテル州立ヘルツォーク・アウグスト図書館


名前:
コメント: