Prophetie merueilleuse commençant ceste presente Année

 『 今年に始まり、夥しい死を招いた年と言われることになる1568年閏年まで続く驚異の予言 』(Prophetie merueilleuse commençant ceste presente Année, & dure iusques en l'An de grand' Mortalité, que l'on dira M.d.lxviij. An de Bissexte.)は、1566年から1567年頃にパリギヨーム・ド・ニヴェールによって出版されたミシェル・ド・ノストラダムス(ノストラダムス2世)の著書。

【画像】扉 *1

正式名

  • Prophetie merueilleuse commençant ceste presente Année, & dure iusques en l'An de grand' Mortalité, que l'on dira M.d.lxviij. An de Bissexte.
    • PAR MI. DE NOSTRADAMVS.
    • A PARIS,
    • Par Guillaume de Nyuerd, Imprimeur & Libraire, tenant sa boutique ioignant le pont aux Musniers vers le Chastellet.
    • Auec priuilege du Roy.
  • 今年に始まり、夥しい死を招いた年と言われることになる1568年閏年まで続く驚異の予言
    • Mi. ド・ノストラダムスによる
    • パリにて、
    • パリ裁判所界隈のポン・ト・ミュニエに隣接する店舗を持つ印刷業者・書肆ギヨーム・ド・ニヴェールによる。
    • 国王の特認とともに。

内容

 八つ折版で20葉の文献である。散文で予言が綴られ、欄外に要約的な見出しが付けられている。

所蔵先


 ほかにかつてダニエル・ルソが私蔵していた版があり、2007年のオークションでマリオ・グレゴリオ(未作成)が落札した。

刊行年

 扉に刊行年の表示はなく、中に転載されている特認の抜粋にも日付は無い。19世紀の書誌学者ブリュネは、この文献の初めの方に「去る1565年」(l'an passé 1565)とあることから1566年とし、ミシェル・ショマラピエール・ブランダムールもそれを支持した *2ロベール・ブナズラは1567年としたが、いずれにしても「今年から1568年まで」と扉にある以上、1566年か1567年の刊行であろうことは疑いないだろう。

 なお、ショマラはフランス国立図書館の伝本を1560年の刊行として別に扱っていたが *3 、根拠が全く分からない。そこで援用されているチオラネスコの書誌にしても1566年として扱っており、何らかの誤認の可能性があるように思われる。

再版

 ピエール・ブランダムールは、『予言あるいはその年の四季の驚異の転回』(1567年)をこの本の再版と位置付けている *4


名前:
コメント: