百詩篇第6巻74番

原文

La 1 deschassee 2 au regne tournera,
Ses ennemis trouués 3 des coniurés:
Plus que iamais son temps triomphera,
Trois & septante à mort trop asseurés.

異文

(1) La : Là 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1650Le, Le 1672
(2) deschassee : dechassee 1597 1600 1610 1611 1650Ri 1660, dechassée 1605 1628 1649Ca 1649Xa 1650Le 1668P, deschassée 1644 1653 1665 1668A 1716 1840, dechassé 1672
(3) trouués ou trouuez : ttouuez 1628

日本語訳

追い払われた女性が王国に戻るだろう。
謀反者たちの中に彼女の敵が見出される。
かつてないほどに彼女の時代は勝ち誇ったものになるだろう。
三と七十が死を強く保証される。

訳について

 1行目について。大乗訳では「追放された人々」とあるが、ロバーツの英訳ではThe expelled であり、「人々」は日本語版での勝手な追加。女性形になっていることから単独の女性と捉えるべき。
 2行目について。大乗訳では受動態が無視されているため、おかしな訳になっている。
 4行目について大乗訳では「三と七十は死をすばやく指ししめす」とあるが、ロバーツの英訳“Three and seventy appointed by death”と比べても明らかにおかしい。山根訳では(彼女は)「絶対に三と七十で死を迎える」とあるが、asseurésは男性名詞複数形に対応しており、女性名詞単数形に対応していると見ることはできない *1

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは1行目の原文をLe dechassé(追放された男性)に書きかえることで、清教徒革命で亡命した後、王座に返り咲いたチャールズ2世と解釈した。ガランシエールの時代はちょうどチャールズ2世の治世にあたっていた。

 アナトール・ル・ペルチエはフランス革命の予言と捉えており、それを引き継いだヴライク・イオネスクは「73」をソ連が「73年」で終わることと解釈した *2

 チャールズ・ウォードはエリザベス1世の予言と捉え、彼女が1603年に享年70で没したことを見事に予言しているとした *3 。この解釈はジェイムズ・レイヴァーエリカ・チータムも踏襲した。

懐疑的な見解

 ジェイムズ・ランディ(未作成)のように、エリザベス1世を題材にしている可能性を指摘する者は懐疑派にもいる *4 。ただし、ランディはエリザベスの即位と詩の出版が同じ年だから事後予言だろうとしているが、書誌的事実に誤認がある。確認されている範囲でのこの詩の初出(1557年9月)は、彼女の即位の前年である。

 では的中といえるかというと、そうでもない。ランディやエドガー・レオニが指摘するように、エリザベス1世が国外追放になっていたことはないからだ。
 また、死期の予言とされるものは不適切な翻訳の産物と見るべきだろう。活用形からして「保証される」のは「三と七十」であり、要するに4行目はクレベールやスモーレーが解釈するように「73人は死を保証される(=処刑される)」ということだろう。


名前:
コメント: