Presages pour treize ans

 『 1583年まで歴年続く13年間の予兆集 』(Presages pour treize ans, continuant d'an en an, iusques à celuy de mil cinq cens quatre vingts trois)は、1571年にパリのニコラ・デュ・モンによって出版されたノストラダムス2世の著書。実質的に『20年間の予言集』の再版である。

【画像】扉 *1

正式名

  • PRESAGES POVR TREIZE ANS, CONTINVANT d'an en an, iusques à celuy de mil cinq cens quatre vingts trois :
    • où sont prognostiquees choses merueilleuses & de grande consideration, selon le seigneur & dominateur de l'annee,
    • recueillies de diuers autheurs, & trouuees en la bibliotheque de defunct maistre Michel de nostre Dame, que Dieu absolue.
    • Lesquelles à la supplication de plusieurs ont esté à grande diligence reueues & mises en lumiere, par Mi. de Nostradamus le Ieune.
    • A PARIS,
    • Par Nicolas du Mont, demeurant en la rüe des Amandiers.
    • M.D.LXXI.

  • 1583年まで歴年続く13年間の予兆集
    • そこでは、その年の支配星に従い、驚異の事件や重大事件が占われている。
    • 様々な著者(の文献)から集められたもので、故ミシェル・ド・ノートルダム師の蔵書から発見された。
    • 多くの人々の願いを受けて、Mi. ド・ノストラダムス2世によって細心の注意で改訂され、世に出された。
    • パリにて、
    • アマンディエ通りに住むニコラ・デュ・モンによる。
    • 1571年。

内容

 八つ折版32ページの文献である。
 アランソン公に宛てた献辞とマグデブルクに向けたメッセージに続いて、1571年から1583年までの年ごとの予言が、散文で綴られている。その内容は『20年間の予言集』と同じで、過去のものになった1563年から1570年向けまでの予言が省かれただけである。

 最後に「読者への告知」と題する文章が追加されている。その冒頭で、この文献が1569年ルーアン版の『20年間の予言集』と実質的に同じものであることや、「私によって出版されたツィプリアン・フォン・レオヴィッツの予言」との間に違いがないものだということが示されている。ノストラダムス2世が出版したレオヴィッツの予言というのは、同じ頃にトロワ(未作成)で出版された『最も記憶されるべき諸事件の予言集』のことだろう。

所蔵先

  • リヨン市立図書館、サントジュヌヴィエーヴ図書館

 リヨン市立図書館の伝本は刊行年が M. D. LXXI. I. と綴られている。最後の I. は手書きのようにも見え、ロベール・ブナズラは1571年版と同一視している *2 。しかし、ミシェル・ショマラは1572年版として別に扱った *3

【画像】年代部分の拡大 *4

 リヨン市立図書館の伝本は Gallica で公開されているほか、2003年にフェニックス出版(Phénix Editions)によって影印版が出版された。


名前:
コメント: