Predictions des choses Plus Memorables qui sont à advenir (Troyes)

 『 今年から1585年までに起こるであろう最も記憶されるべき諸事件の予言集 』は、1571年頃にトロワ(未作成)クロード・ガルニエによって出版されたノストラダムス2世の著書。現在確認されている範囲では、トロワで出版された最初のノストラダムス関連書である。
 また、ノストラダムス2世の名前が「ミシェル・ド・ノストラダムス2世」と省略なしで扉に書かれていること、「師」(Maistre)という敬称がついていること、「医学博士」と名乗っていることは、いずれもこれが最初である。

【画像】扉と口絵。口絵の四行詩は百詩篇第1巻1番の盗作である。

正式名

  • PREDICTIONS DES CHOSES PLVS MEMORABLES, QVI SONT A ADVENIR, DEPVIS CETTE presente Année, iusques à l'An mil cinq cens quatre vingt & cinq.
    • Ou sont pronostiquées choses merueillenses & de grande consideration, suyuant la planette qui gouuerne chacune Annee,
    • prinse tant des Eclipses du soleil & de la Lune, que du liure merueilleux de Cyprian Leouitie, Samuel Syderocrate, C. du Garnier Broussart & autres.
    • Lesquelles ont esté en grande d'illigence mise en lumiere par M. Michel de Nostradamus le Ieune. Docteur en medecine.
    • A TROYES.
    • De l'Imprimerie de Claude Garnier dict Saupiquer.
    • AVEC PRIVILEGE.

  • 今年から1585年までに起こるであろう最も記憶されるべき諸事件の予言集
    • そこでは、それぞれの年を支配する星に従い、驚異の事件や重大事件が占われている。
    • 日蝕論・月蝕論から、同じくキュプリアヌス・レオウィティウス、サミュエル・シデオクラート、C. デュ・ガルニエ、ブルサール、その他の驚異の書から採録された。
    • 医学博士ミシェル・ド・ノストラダムス2世師によって細心の注意で世に出された。
    • トロワにて。
    • クロード・ガルニエまたの名をソピケの印刷所による。
    • 特認とともに。

 題名にあるサミュエル・シデオクラートは、ジャック・アルブロンのCATAFによると、ザムエル・アイゼンメンガー(Samuel Eisenmenger)というドイツ系の占星術師のフランス語名である。ガルニエ、ブルサールは未詳。

内容

 八つ折版32ページの文献である。
 実質的に『20年間の予言集』の改題増補版といえる。
 そちらにあったアランソン公宛の献辞は省かれているが、マグデブルク向けのメッセージは巻末に収録されている。
 内容は1572年向けの予言から始まっているが、前記 『20年間の予言集』 の該当する年のものとほぼ同じである。違うのは1583年向けで、かなりの増補がなされている。そして、題名どおり、1584年と1585年向けの予言が追加されている。

 レオウィティウスやアイゼンメンガーの名が挙げられているところからすると、『20年間の予言集』 自体が、『キュプリアヌス・レオウィティウスの日蝕論と重厚な暦書、おなじくサミュエル・シデオクラートの予言集から採録された、1564年から1607年までに起こるであろう最も記憶されるべき諸事件の予言集』 *1 に触発されたものだったのかもしれない。ただし、内容は独自に書き下ろされているようである。

所蔵先

  • フランス国立図書館

刊行年

 刊行年の表示はないが、1571年頃の刊行という点でミシェル・ショマラロベール・ブナズラの見解は一致している *2ピエール・ブランダムールは1572年と推測した *3
 内容が1572年向けから始まっていることはどちらの推測の裏づけにもなるが、『13年間の予兆集』(1571年)の中で存在がほのめかされているらしいことからすれば、1571年の方が妥当にも思える。
 ただし、これが初版でなく、別人による初版を再版しただけなのだとしたら、それらの推定は意味をなさないだろう。

再版



名前:
コメント: