キュプリアヌス・レオウィティウス

  キュプリアヌス・レオウィティウス (Cyprianus Leovitius, 1524年 - 1574年 *1 )は、16世紀ボヘミアの数学者、天文学者、占星術師である。フラデツ・クラーロヴェー近くのレオニキアで生まれ、シュヴァーベンのラウインゲンで没した。

 本名は Cyprián Karásek Lvovický ze Lvovic で、ドイツ語式に ツィプリアン・フォン・レオヴィッツ (Cyprian von Leowitz)とも呼ばれる。

生涯

 彼はプファルツ選帝侯オットー=ハインリヒお抱えの数学者になり、1569年には、天文事象に関して様々な学者と対話を重ねるために旅をしている最中であったティコ=ブラーエの訪問を受けた *2

予言

 彼はその予言で当時広く知られていたが、時としてそれが嘲笑を招くこともあった。彼の名を有名にした占星術に基づく予言の中で、当たったものは一つもなかった。

 例えば、彼は神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世がいつかヨーロッパ全土ないし全世界を支配すると予言していた *3 。その一方で、スレイマン1世が神聖ローマ帝国に侵攻し、ハンガリーの防衛拠点シゲトを占領するが、マクシミリアンはこれを防ぐことができないとも予言していた。これら正反対にも見える予言は、どちらも外れた。

 特に世の中を騒がせた予言は、ノアの大洪水の再来によって、世界の終わりが1584年に訪れるというもので、信じこみやすい人々を混乱させた。

 その予言は1564年に出版された『大会合の書 / 1584年まで暦年続く20年間の占筮』 *4 で示された。この本は、Lauingen版(1564年)を皮切りに、ロンドン版(1573年)、ヴィッテンベルク版(1586年)、マルボルク版(1618年)などが出版され、1568年にはフランス語版も出された。
 この作品の中で世界の終わりの主要な根拠の一つとして示されたのは「1583年に双魚宮で木星と土星が合になる。火の宮の合で始まった世界は、水の宮の合で幕を閉じる」というものであった。

 フランスの作家ルイ・ギヨン(Louis Guyon)は、その著『様々な教訓』(Leçons diverses)において、1584年の混乱をこう記している。
「1584年、全キリスト教徒の間で、おそらく今年中に世界が終わるという噂が広まっている。多くの人々がそれに怯え、断食や告解をして聖体を受け取っている。同じく地名は挙げたくないが、この国の市場町であろうと辺境であろうと、遺言書をしたためている人々がいる。そこに私が居合わせたときには、全てが滅びるなら、相続人も遺産も滅びているでしょうにと彼らに指摘してあげた」 *5
 レオウィティウスは1574年にシュヴァーベンで歿したので、全地が水に覆われることになるかどうかを見届けることはなかった *6

ノストラダムス関連

 ノストラダムスは、レオウィティウスのいくつかの著作を参照していたとされる。
 特に『1559年9月16日に起こる蝕の意味』は、レオウィティウスの著書と多くが一致し、偽作説も唱えられている。

 本家ノストラダムスだけでなく、ノストラダムス2世の方も、『キュプリアヌス・レオウィティウス・・・その他の驚異の書から採録された最も記憶されるべき諸事件の予言集』などのようにレオウィティウスを意識した著作を発表していた。


名前:
コメント: