百詩篇第6巻18番


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原文

Par les phisiques 1 le grand Roy delaissé,
Par sort 2 non art. 3 de 4 l'Ebrieu est en vie:
Luy & son genre 5 au regne 6 hault poulsé 7 ,
Grace donnee 8 à gent qui Christ enuie.

異文

(1) phisiques : Phisiques 1597 1600 1605 1610 1611 1627 1628 1644 1649Xa 1650Ri 1653 1660 1665 1672 1716 1772Ri 1840
(2) sort : son 1650Ri
(3) art. 1557U : art T.A.Eds.
(4) de : ne 1557B 1589PV 1649Ca 1650Le 1668
(5) genre : Genre 1672
(6) au regne : au legne 1653, aulegne 1665, au Regne 1672
(7) poulsé 1557U 1557B 1568A 1588-89 : pousé 1568B 1568C 1568I 1672, poussé T.A.Eds.
(8) donnee : donne 1627 1649Ca

日本語訳

医師たちから見放された大王が、
ヘブライの技術ではなく呪術によって生き延びる。
彼とその同類が王国で高位に押し上げられ、
キリストを嫉む民族に恩寵が与えられる。

訳について

 2行目 sort には「運命」「呪術、まじない」の意味とがあるが、ジャン=ポール・クレベールの読み方に従い、後者を採った。ピーター・ラメジャラーは前者を採って「ヘブライの技術ではなく幸運によって」と訳している。

 大乗訳2行目「ヘブライの術によらず力のかぎり生きつづけ」 *1 は、Par sort が Par fort になっている原文に基づいていることから導かれた意訳。
 同4行目「恩恵はうらやむべきキリストの人々に与えられるだろう」は不適切。envier は「羨ましがる」の意味もあるが、その場合にも「キリストをうらやむ人々に」とすべき。

 山根訳2行目「運良くユダヤの技ならざるものによっていのちをつなぐ」 *2 は、上述の通り、許容されうる訳である。
 同4行目「キリストを拒む人種に赦免が下される」も、この場合の envier を「拒否する」の意味に理解する読みはジャン=ポール・クレベールらもしているので、許容されるだろう。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、ある大王がユダヤ人に助けられたことで、その国でのユダヤ人の地位が回復(reestablish)すると解釈した *3

 フランシス・ジローは、1740年にルイ15世がメスで病に臥せ、医師たちも匙を投げたが、熱心な祈りが通じ、神の恩寵によって快復したことと解釈した。なお、彼の原文では最後が envie (嫉む)ではなく ennuie (悩ませる)になっている *4ウジェーヌ・バレストもその解釈を踏襲した *5

 セルジュ・ユタンはルイ14世のこととしたが、詳述はしなかった *6

同時代的な視点

 ピーター・ラメジャラーは、ノストラダムス自身のことでないならば、同時代のユダヤ人医師に関する詩だろうとした *7


名前:
コメント: