ジャンヌ・ド・ノートルダム (ベルトランの子)

  ジャンヌ・ド・ノートルダム (Jeanne de Nostredame, 1545年8月11日 - ?)は、ベルトラン・ド・ノートルダムの娘で、ノストラダムスの姪にあたる。

 サン=レミ=ド=プロヴァンスで生まれた。洗礼に立ち会った代父は、ジョーム・ド・ノートルダムが一時代理を務めた貴族アントワーヌ・アルメランの息子ピエール・アルメランで、代母はラマノンの貴族ヨハンナ・グイレマンダ(Johanna Guiremanda *1 )だった。

 サロン・ド・クローの名士でたびたび市の執政官にもなっていたトロン・ド・クドゥレ家の当主(Tronc de Coudoulet)と1565年に結婚した。エドガール・ルロワの研究書では、その名は本文ではピエール・トロン・ド・クドゥレとなっているのに対し、家系図ではジャン(Jehan)となっている。

 なお、ノストラダムスがサロン滞在中のアンリ4世を占ったのは、トロン・ド・クドゥレの屋敷でのことだったという。このトロン・ド・クドゥレ家からは、のちにノストラダムスの伝記を書いたパラメド・トロン・ド・クドゥレが現われた。

 ジャンヌ・ド・ノートルダムの没年は不明である *2


名前:
コメント: