カトリーヌ・ド・ノートルダム (ベルトランの子)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  カトリーヌ・ド・ノートルダム (Catherine de Nostredame, 1552年 - ?)は、ベルトラン・ド・ノートルダムの娘で、ノストラダムスの姪にあたる。

 1552年7月7日の洗礼には、代父の医師サン=レミと、代母のカテリナ・ロンバルダ(Katherina Lombarda *1 )が立ち会った。エドガール・ルロワが指摘するように、代父はさすがにジャン・ド・サン=レミとは別人だろう。

 タラスコンの平貴族(écuyer)であったピエール・ド・リスプ(Pierre de Rispe)の同名の息子ピエールと、1569年に結婚した。ただし、その際の結婚持参金を巡る契約と支払いに関して、ベルトランとリスプ家の間で数ヶ月にわたって諍いがあったという。

 カトリーヌに関するその他の事項は、(没年も含めて)不明である *2


名前:
コメント: