ブランシュ・ド・ノートルダム

  ブランシュ・ド・ノートルダム (Blanche de Nostredame, 1555年 - 1568年以前)は、ベルトラン・ド・ノートルダムの末娘で、ノストラダムスの姪にあたる。

 サン=レミで生まれたはずだが、1555年11月19日の洗礼には、すでにサロンの市民となっていたノストラダムスが代父として立ち会った。ノストラダムスが甥や姪の洗礼に代父として参加した例は、今のところ他に確認されていない。
 なお、代母は、グランヴィルの総督(gouverneur de Granville)でブラントームの著書にもその名が出てくる武官ジャン・ド・レノー(Jean de Reynaud)の妻ブランシュ・ド・ジェラント(Blanche de Gérente)である。

 ブランシュ・ド・ノートルダムの名は、1568年11月11日付のベルトランの遺言書には見られない。そのため、13歳の誕生日を迎えるよりも前に亡くなったものと推測されている。


名前:
コメント: