百詩篇第8巻23番


原文

Lettres trouuees de la royne 1 les coffres 2 ,
Point de subscrit sans aucun 3 nom 4 d'hauteur 5
Par la police seront cachez 6 les offres 7 ,
Qu'on ne 8 scaura qui sera l'amateur 9 .

異文

(1) royne 1568 1590Ro 1840 : Royne T.A.Eds. (sauf : Reyne 1649Xa 1653 1665)
(2) coffres : Coffres 1672
(3) aucun : aucuns 1600
(4) nom : non 1600 1611B
(5) d'hauteur 1568A 1568B 1568C 1590Ro 1597 1603Mo 1772Ri : d'autheur T.A.Eds. (sauf : d'auteur 1611 1660, d'Autheur 1672)
(6) cachez : cache 1568A
(7) offres : offre 1600
(8) Qu'on ne : Qu'onne 1627
(9) l'amateur : lamateur 1672

日本語訳

女王の箱から手紙が発見される。
表書きはなく、書き手の名前も一切ない。
提案は行政当局によって封をされるので、
その愛人が誰なのかは分からないだろう。

訳について

 1行目 royne は「女王」と訳したが「王妃」とも訳せる。

 大乗訳1行目「手は女王の箱の中にみつかり」 *1 の「手」は「手紙」の単純な誤植だろう。
 同3行目「政治により提出者はかくされ」は誤訳。police は中期フランス語では公的な行政機関(gouvernement, administration publique)などを指すが、「政治」そのものという語義はDMFには見当たらない。また、offres は複数形なので、提出した愛人(amateur, 単数)と同一視することはできない。さらに、cachés は直訳は確かに「隠される」だが、ノストラダムスはしばしば cachetés (封をされる)の語中音消失として使っており、この場合もその意味だろうということは、ジャン=ポール・クレベールが指摘している。ただし、この点は「隠される」の可能性もあることをクレベールも認めている。
 同4行目「だれも愛する人を知らない」は疑問代名詞の処理の仕方が不適切。

 山根訳は3行目「策略が申し出をかくすだろうから」 *2 が不適切だが、その根拠は上と重なるので省く。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、そのまま敷衍したような解説しか付けておらず、特定の事件とは結び付けなかった *3
 その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)アンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルジェイムズ・レイヴァーの著書には載っていない。

 ヘンリー・C・ロバーツは、カリオストロやマリー・アントワネットが巻き込まれた「首飾り事件」と解釈した *4

 エリカ・チータムは、メアリ・スチュアートの二番目の夫が爆殺された事件に関連し、メアリやその新たな愛人ボズウェル伯の関与が疑われたが、その証拠となる可能性があった手紙が1584年以降失われたことかもしれないと解釈した *5

 日本では安田一悟當間健一が、ノストラダムスの「失われた予言詩」と関連付けた *6 。彼らの主張の根拠となっているのは、「失われた百詩篇第12巻の入っている箱は、トランプの12(クイーン)になぞらえて、『白い箱の女王』と呼ばれてきた」という五島勉の紹介である *7

懐疑的な視点

 五島の紹介は事実に反しており、発見された年すら矛盾している(クロケットの四行詩参照)。そして、海外の実証的な研究書はもとより通俗的な解釈書にすら、「白い箱の女王」などという通称は登場しない。つまり、五島の創作の疑いが強く、そのような創作を土台とした解釈には何の説得力もない。

同時代的な視点

 ルイ・シュロッセ(未作成)は、ユグノー戦争初期(1562年)に、王太后カトリーヌ・ド・メディシスがプロテスタント指導者のコンデ親王に、虚言家等と述べた書簡を送ったところ、それを公刊されてしまったことと関連付けた *8 。なお、シュロッセの原文では、3行目の cachez が cadrez (当てはめられる)となっている。
 「女王」「手紙」などのキーワードに多少の共通性はあるが、あまりモチーフが一致しているとは思えない。

 ピーター・ラメジャラーは、同時代の王室のスキャンダルと推測したが、特定の事件とは結び付けていない *9



名前:
コメント: