百詩篇第9巻78番

原文

La 1 dame 2 Grecque 3 de beauté 4 laydique 5 ,
Heureuse faicte de procs 6 innumerable,
Hors translatee 7 au regne 8 Hispanique 9 ,
Captiue prinse mourir mort miserable.

異文

(1) La : LA 1627
(2) dame : Dame 1649Xa 1665 1672 1712Guy 1772Ri 1840
(3) Grecque : grecque 1572Cr
(4) beauté : beaute 1568A 1572Cr, Beauté 1672
(5) laydique : Laidique 1572Cr, aydigue 1653 1665, laïdique 1716
(6) procs : proces 1605 1611B 1627 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1672, porcs 1644 1653, ports 1665, procés 1712Guy
(7) translatee : translate' 1665, translaté 1653 1840
(8) au regne : proche au regne 1568A 1590Ro, en regne 1600 1610 1627 1644 1650Ri 1653 1665 1716, au Regne 1672 1712Guy
(9) Hispanique : hispanique 1568A 1590Ro

校訂

 3行目は 1568A などの異文からすれば、proche au regne となっているべきなのかもしれない。

日本語訳

ライスの美しさを備えたギリシアの婦人は、
引きも切らない求婚者たちによって幸せに。
国外でイスパニアの王国近くに移され、
幽囚の身で死ぬ。惨めな死。

訳について

 3行目は1568Aの異文を尊重して訳している。
 ジャン=ポール・クレベールは3行目の hors (「外で」「~を除けば」)を mais (しかし)と同一視している。文脈からするとそのほうが分かりやすいかもしれない。

 山根訳は問題ない。
 大乗訳も大意としては誤っていないが、2行目の「数えきれない争いから幸せを得て」 *1 などは、procsがどうして「争い」になるのか不明である。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、アンリ2世の娘エリザベートがスペインのフェリペ2世に嫁いだことと解釈した。

 バルタザール・ギノーは、未来の悲劇的な女性に関する詩と解釈した *2

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)アンドレ・ラモンエリカ・チータムセルジュ・ユタンらは細かな解釈に違いはあれど、フランコの独裁体制(1937年)と解釈した *3 。「ギリシアの女性」はギリシアに起源を持つ民主政治などと解釈され、フランコによってスペインではそれが終焉を迎えたことなどと結び付けられる。

同時代的な視点

 ロジェ・プレヴォは13世紀にモデルがあると判断し、エピロス専制侯国の姫ヘレナが多くの求婚者の中からフリードリヒ2世の息子であるシチリア王マンフレーディと結婚したことや、夫に先立たれた後に生まれ故郷のギリシアに戻る航海の途上で捕われ、スペイン(アラゴン)領だったナポリで投獄され、そのまま獄死したことと解釈した *4
 ピーター・ラメジャラーはこの解釈を支持した *5


名前:
コメント: