百詩篇第9巻3番


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


原文

La magna 1 vaqua 2 à Rauenne grand trouble 3 ,
Conduictz par quinze enserrez 4 à Fornase 5
A Romme 6 naistre 7 deux monstres 8 à teste double
Sang, feu, deluge, les plus 9 grands 11 à l'espase 12 .

異文

(1) La magna : Lemagna 1605 1649Xa
(2) vaqua : Vaqua 1644 1650Ri
(3) trouble : troubles 1605 1649Xa
(4) enserrez : enserres 1568A
(5) Fornase : fournase 1611B
(6) Romme 1568A 1568B : Rome T.A.Eds.
(7) naistre : naistra 1597 1605 1610 1611 1644 1649Xa 1649Ca 1650Le 1650Ri 1660 1668 1672 1772Ri 1840
(8) deux monstres : 2. monstres 1627, deux Monstres 1672
(9) plus : plux 1568A
(10) grands : grand 1611 1660, Grands 1772Ri
(11) l'espase : l'espace 1627

日本語訳

マグナ・ウァクア、ラヴェンナにおける大きな騒擾。
フォルナーズに閉じ込められていた十五人によって導かれる。
ローマでは双頭の異形が二体生まれる。
血、火、洪水、最も偉大な者たちは空中に。

訳について

 1行目の magna vaqua はラテン語で「大きな雌牛」の意味だが、エドガー・レオニはイタリアの地名マニャヴァッカ(Magnavacca, 語源となる意味は同じ)と解釈しているので、地名でも一般名詞でも良いように、ラテン語をそのまま音写した。
 2行目はどこで区切るかや語順をどう捉えるか、またFornaseをどう解釈するかによって、多様な読み方がありうる。

 山根訳はおおむね許容範囲内だろう。
 大乗訳1行目「マグナ バクアはラベンナでふるえ」 *1 は不適切。trouble と tremblement を取り違えたか。
 同2行目「フォーナスを監禁し 十五人によりみちびかれ」の前半は、前置詞の位置からはそう読めない。
 同3行目「ローマは双頭の怪物を生み」は、ローマを主語に取ることができない上、双頭の怪物は2頭(deux)である。
 同4行目「血 火 洪水が多くの人々を驚かすだろう」も不適切。「驚かす」がどこから出てきたのか不明。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、magna vaqua や Fornase を不明とし、前半は訳せないが後半は平易とだけ述べた *2
 その後、20世紀半ばまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.テオドール・ブーイフランシス・ジローウジェーヌ・バレストアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードマックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)アンドレ・ラモンロルフ・ボズウェルジェイムズ・レイヴァーの著書には載っていない。

 セルジュ・ユタンは、イタリアにおいてファシスト党が勝利し、ナチスと手を結ぶことを象徴的に表現したものと解釈した *3

同時代的な視点

 エドガー・レオニは、Magna vaqua をマニャヴァッカ(Magnavacca)とし、フェラーラとラヴェンナの間を流れる運河の名前もしくはポー川河口の南に位置する港の名前(現在はガリバルディ港と改称)とした。また、Fornase はヴェネツィア近郊の村フォルナーゼとし、それらを踏まえて、教皇領とヴェネツィア共和国が関わる何らかの出来事の描写だろうと推測した *4

 ピーター・ラメジャラーは、当時凶兆とされた様々な怪物の報告に触発された詩と解釈した *5

 怪物の誕生が4行目に表現されている諸事件(「空中に」は絞首刑の隠喩で、「アンリ2世への手紙」第62節にも登場する)を予告しているという見方は十分に説得的ではないかと思える。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

名前:
コメント: