ノストラダムスの大予言 (映画)

 『 ノストラダムスの大予言 』は、1974年に公開された東宝の映画。1974年8月3日公開、1時間54分。監督 舛田利雄、構成・脚本 八住利雄、特技監督 中野昭慶。観客動員数は年間2位。


【画像】海外版のビデオ

内容

 原作として五島勉の『ノストラダムスの大予言』が挙げられているが、内容的な関連性はあまりなく、むしろ特別スタッフとして参加した西丸震哉(未作成)の思想が色濃く反映されているという指摘もある *1

 そのストーリーは、環境研究所の西山良玄(丹波哲郎)、娘のまり子(由美かおる)、恋人のカメラマン中川明(黒沢利雄)らを中心に、彼らが直面する極度の公害やそれが引き起こす災厄を描写するものとなっている。
 製作スタッフはかなり真剣に警世の側面を打ち出そうとしたともされるが、その描写には説教色の強さや、荒唐無稽さが少なからず見られるとも指摘されている *2

シーンのカットと封印

 作品中に被爆者に対する不適切な描写があることから、被爆者団体からの抗議を受け、1974年12月20日以降の上映では一部のシーンがカットされた *3

 その後、1986年に東宝はビデオ、LD化を予告していたが、発売の直前に社内で異論が出て発売されることはなかった *4 。その後、サントラCDは出された。


【画像】サントラCD『ノストラダムスの大予言』ジャケット

 1998年にグリフォンという会社がドラマCDを出し、それからほどなくして出所不明の本編のビデオが出回るようになった。これはグリフォンの関係者が流出させたものであったらしい *5

 現在のところ、公式に発売された本編のビデオは、アメリカで発売された英語吹き替え版のみである。

関連書籍

  • 映画秘宝編集部 『底抜け超大作』 洋泉社、1996年
    • 映画『ノストラダムスの大予言』の紹介がある。2001年に再刊された。

【画像】2001年版

  • 安藤健二 『封印作品の謎』 太田出版、2004年
    • 「第3章 忘れられた予言」で、この映画が「封印」されるに至った経緯を扱っている。

【画像】文庫版のカバー

  • 松岡圭祐 『万能鑑定士Qの事件簿 IV』 角川文庫、2010年
    • 「万能鑑定士」凜田莉子を主人公とする推理小説シリーズの4巻目。この巻で中心をなす事件に、映画『ノストラダムスの大予言』のポスターが大きく関わる。

【画像】カバー

外部リンク



名前:
コメント: