百詩篇第1巻21番


原文

Profonde argille blanche nourrir 1 rochier 2 ,
Qui d' vn 3 abysme istra 4 lacticineuse 5 ,
En vain troubles 6 ne l'oseront 7 toucher
Ignorants 8 estre au fond 9 terre argilleuse 10 .

異文

(1) nourrir : nourrit 1568 1590Ro 1591BR 1597Br 1605sn 1606PR 1607PR 1610Po 1611A 1611B 1628dR 1627Ma 1649Xa 1650Ri 1981EB 1668P 1672Ga 1716PR 1772Ri, Nourrit 1656ECLb
(2) rochier 1555 1557U 1557B 1568 1772Ri 1840 : rocher T.A.Eds. (sauf : Rocher 1656ECL)
(3) d' vn : dun 1557B, d’un’ 1656ECLa, d’une 1716PRc
(4) istra : naistra 1612Me
(5) lacticineuse : la cticineuse 1628dR, lacticinieuse 1656ECLa, lactinieuse 1656ECLb, l'acticineuse 1672Ga
(6) troubles : troublez 1568A 1568B 1568C 1591BR 1597Br 1605sn 1606PR 1607PR 1610Po 1611A 1611B 1627Di 1628dR 1627Ma 1644Hu 1649Xa 1650Ri 1656ECL 1668 1672Ga 1716PR 1772Ri 1981EB, troubler 1653AB 1665Ba
(7) ne l'oseront : l'oseront 1557B 1612Me, ne l'oserunt 1668A
(8) Ignorants : Ignorant 1591BR 1605sn 1606PR 1607PR 1610Po 1611A 1611B 1628dR 1649Xa 1656ECL 1672Ga 1716PR 1981EB, jgnorans 1668P
(9) fond : fons 1656ECLa, fonds 1656ECLb
(10) argilleuse : arguilleuse 1589PV 1590SJ 1590Ro 1649Ca 1650Le 1668A

(注記)1656ECLはp.149 と p.446 の2箇所に登場している。前者と後者で異なる場合、前者を1656ECLa とし、後者を 1656ECLb とした。

校訂

 ピエール・ブランダムールは3行目の troubles を troublés としている。ブランダムールは1555や1557Bが最初からそうであるかのように紹介しているが、当「大事典」で確認しているフォトコピーの類では、eの上に綴り字記号は全く見えない。
 1555を忠実に転記したとしているウジェーヌ・バレストピーター・ラメジャラーも troubles としている以上、これは当「大事典」のみの誤認というわけではないだろう(ラメジャラーはそう転記した上で、troublésという読み替えを提案している *1 )。

日本語訳

岩を養う深く白い粘土は
乳白色をしていて深淵から出てくるであろう。
人々は無為に困惑させられ、それにあえて触れようとはしないだろう、
底に粘土質の土があるとは知らずに。

訳について

 1行目の直訳は「深く白い粘土は岩を養う」だが、2行目の関係詞との都合で上記のような語順とした。それ以外はほとんど議論の余地のない詩で、ピエール・ブランダムールの釈義やピーター・ラメジャラーの英訳の内容も実質的に一致している。

 既存の訳についてコメントしておく。
 山根訳1行目「岩が白い粘土を奥底に養う」 *2 は主語と目的語が倒置されていると考えれば成立するが、そう考えなければならないような必然性に乏しい。
 同3行目「むなしく苦しめられた人びとは それに触れようとしないだろう」は、誤りではないが、troublez は「苦しめられる」ではなく「(不可解な現象に)困惑させられる、混乱させられる」と解釈するほうが自然である。

 大乗訳4行目「未知なるものが粘土の地の底にあるだろう」 *3 は、前置詞を補えば成立する訳。

 五島勉は『ノストラダムスの大予言・地獄編』で訳しているので、それについてもコメントしておく。
 2行目「その深海の淵にはラクチシヌーズがひそむだろう」 *4 は、istraを「ひそむ」と訳す根拠が不明。
 4行目「だれも触れない未知のものが、地球のいちばん底の粘土のなかにある」は「だれも触れない」に当たる語が原文にない(五島は3行目後半を「だれもそれにあえて触れようとしない」と訳しているので、それを4行目に持ってきたということでもない)。また、「地球のいちばん底の粘土」は前置詞を補ったとしてもかなり強引な訳である。

信奉者側の見解

 1656年の注釈書は、1559年の項目で、歴史書では扱われていないローカルな事件として取り上げ、海の奥底に根を下ろして海面に突き出ていた粘土質の岩が、海水に浸されることで海の表面に乳白色に広がったという不思議な事件の描写とした *5テオフィル・ド・ガランシエールもこの解釈をほぼ丸写しにしたが、時期については何も触れなかった *6

 マックス・ド・フォンブリュヌ(未作成)はフランス革命に関する詩と解釈した *7

 アンドレ・ラモンは1704年に(それまでは中国からの輸入に頼っていた)磁器の製法がヨーロッパでも発見されたことと解釈した *8ジョン・ホーグはこの解釈をそのまま引用した *9

 エリカ・チータムセルジュ・ユタンは錬金術的な詩の可能性を示唆するにとどまった *10 。なお、五島勉はこれらの解釈を「化学」云々と紹介したが *11 、錬金術 (alchimie) と化学 (chimie) は別の語である。

 その五島は、1994年に朝日新聞が小さく報じた東太平洋の海底火山脈で発見された熱水塊についてと解釈した *12

同時代的な視点

 オルス・アポロを20世紀に復刻したマルセル・プチは、この詩をノストラダムスと同時代に行われたランソンの発掘調査と解釈した *13 。この解釈はピーター・ラメジャラージャン=ポール・クレベールも支持した *14
 ランソン(Lançon)はサロン=ド=プロヴァンスの少し南にある町で、16世紀にコンスタンティヌス帝時代のオッピドゥム(城塞都市)が発掘された。セザール・ド・ノートルダムとも親交のあったペーレスクは、その発掘では「岩を支えていた白い粘土」の下から多くの宝物が出土したことを記録している。

 他方でロジェ・プレヴォは、増水の際に色が変わるヴォクリューズの泉は宝を隠しているという地元の伝説と解釈した *15
 ちなみに、プレヴォやピエール・ブランダムールは、ノストラダムスがプライベートな手紙の中に書いた詩において、「粘土は岩の母である」という一句があることを指摘している *16


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。なお、当「大事典」としては、以下に投稿されたコメントの信頼性などをなんら担保するものではありません (当「大事典」管理者である sumaru 自身によって投稿されたコメントを除く)。

  • 尖閣諸島問題でレアアース輸出国の中国が、世界中に禁輸措置を取ったが、 最近発見された日本領の海底にも存在したレアアースについての予言か? しかし、十分に採掘できない予感。 -- とある信奉者 (2013-04-14 21:13:51)

名前:
コメント: