百詩篇第3巻55番

原文

En l' an qu' un oeil en France regnera 1 ,
La court 2 sera à 3 vn bien fascheux trouble:
Le grand de Bloys 4 son 5 ami tuera 6 :
Le regne 7 mis en mal & doute double.

異文

(1) regnera : Regnera 1672
(2) court : cour 1589Me 1597 1600 1605 1610 1628 1644 1649Xa 1653 1660 1665 1716, Cour 1594JF 1611 1620PD 1672
(3) à vn bien : en vn bien 1594JF 1597 1600 1605 1610 1611 1628 1649Xa 1649Ca 1650Le 1660 1668 1672 1716
(4) grand de Bloys : Grand de BLOYS 1594JF
(5) son : sont 1867LP
(6) tuera : tuëra 1649Ca 1650Le 1668
(7) regne : Regne 1672

日本語訳

フランスに片目が君臨する年に、
宮廷は非常に厄介な困難に直面するだろう。
ブロワの偉人がその友を殺すだろう。
王国は悪くなり、懸念は倍増する。

訳について

 ピエール・ブランダムールが指摘し、高田勇伊藤進も追認しているが、3行目と4行目の関係は曖昧である。4行目の動詞が省かれているせいもあり、3行目の結果4行目になるとも読めるし、4行目の結果3行目が起こるとも読める。

 大乗訳は2行目「宮廷は同じ心配をし」 *1 がまず誤訳。fascheux がなぜ「同じ」になるのか分からない。これはヘンリー・C・ロバーツの英訳で same が使われていたのをそのまま転訳したのだろうが、その英訳自体、根拠が不明である(テオフィル・ド・ガランシエールは hard と英訳していた)。
 同4行目「王国は悪と疑いのうちにあるだろう」は、double (2倍)が訳に反映されていない。

 山根訳は3行目「ブロワの男が友を殺す」 *2 について、grand を単に「男」と訳すのが不適切である。

信奉者側の見解

 この詩の解釈は、ノストラダムスが生きているうちに見られたとされている。それは、ジャン・ド・ヴォゼルによるもので、アンリ2世の事故死を的中させたと解釈したらしい。それについてはヴォゼルによる百詩篇第3巻55番の解釈を参照のこと。

 解釈書の類では、ジャン=エメ・ド・シャヴィニー(1594年)が最初に触れた。彼は「片目」を単なる君主の隠喩として扱い、前半2行をアンボワーズの陰謀事件(1560年)と解釈した。後半は BLOYS を B.(Bourbon) LOYS と分けることで、プロテスタントの指導的地位にいたコンデ親王ルイ・ド・ブルボン (Louis / Loys de Bourbon) と解釈し、1563年にギーズ公フランソワがプロテスタントによって暗殺された事件と解釈した *3

 匿名の解釈書 『1555年に出版されたミシェル・ノストラダムス師の百詩篇集に関する小論あるいは注釈』(1620年)では、1580年代のフランス宮廷と解釈されていた。時の国王アンリ3世はヴァロワ家の唯一の王族男子となっており(1行目)、その後継問題が議論されていた(2行目)。後半は、そのアンリ3世がギーズ公アンリを暗殺させたこととした *4

 テオフィル・ド・ガランシエール(1672年)は、片目のフランス王が君臨する予言として、漠然としか解釈していなかった。この解釈はのちにヘンリー・C・ロバーツに引き継がれた *5

 その後、19世紀に入るまでこの詩を解釈した者はいないようである。少なくとも、ジャック・ド・ジャンバルタザール・ギノーD.D.の著書には載っていない。

 匿名の解釈書 『暴かれた未来』(1800年)では1559年の情勢とされた。アンリ2世は事故で片目を失い、それから2週間と経たずに死去し、それが宮廷に混乱をもたらしたさまが前半に予言されていたという。3行目は同じ年にあったというブロワ伯の決闘の描写で、彼が対戦相手を殺めてしまったこととされた。4行目は当時のフランスが宗教対立で分裂していたことを指し、「二重の恐れ」はカルヴァン派とルター派という2つのプロテスタントを指すと解釈された *6

 テオドール・ブーイ(1806年)、フランシス・ジロー(1839年)、ウジェーヌ・バレスト(1840年)は扱っていなかったが、アンリ・トルネ=シャヴィニー(1860年)は従来の解釈を折衷する解釈を展開した。彼は前半をアンリ2世の事故死、後半をアンリ3世によるギーズ公暗殺と解釈したのである *7
 この解釈はアナトール・ル・ペルチエチャールズ・ウォードロルフ・ボズウェルジェイムズ・レイヴァーエリカ・チータムなど、多くの論者が追随した *8
 日本でも五島勉が『ノストラダムスの大予言II』で紹介し *9 、その後も池田邦吉竹本忠雄 *10 などがこの解釈を採っている。

 なお、フォンブリュヌ親子やセルジュ・ユタンは、20世紀以降の信奉者としては珍しく、アンリ3世とだけ結びつける解釈を踏襲した *11

同時代的な視点

 ピエール・ブランダムールは、片目は君主の隠喩として、ブロワで生まれ、そこを居城としていたルイ12世がモデルになっているのではないかとした *12
 なお、ブランダムールはこの詩に関連する情報として、前述のジャン・ド・ヴォゼルの解釈内容を推測して復元している。また、ジョヴァンニ・ミキエルの1561年初頭の報告書にある、「ノストラダムスの占い」のせいで国王シャルル9世が片目を失うのではないかという噂が宮廷に広まっているという話は、この詩が影響している可能性を示した。

 ピーター・ラメジャラーは、少なくとも前半について、1545年のブローニュ攻囲戦で片目を失ったギーズ公フランソワがアンリ2世の宮廷で権力を伸ばしたことではないかとした *13ジャン=ポール・クレベールも当時の宮廷で権勢を誇った有名な隻眼の人物としてギーズ公フランソワを挙げた *14



名前:
コメント: