Reb

  Reb.百詩篇第10巻66番に一度だけ登場する略語。アナトール・ル・ペルチエ以来、実証的な論者らも「反乱する(者)」の rebelle ないしその派生語の略という点で一致している。マリニー・ローズは、Reb- で始まる地名や、ハンガリーの Raab などの可能性も示していた。


名前:
コメント: