百詩篇第9巻12番

原文

Le tant d'argent de 1 Diane & Mercure
Les simulachres 2 au lac 3 seront trouuez 4 ,
Le figulier 5 cherchant 6 argille neufue 7
Luy & les siens d'or seront abbreuez 8 .

異文

(1) de : dist 1611B, du 1653 1665
(2) simulachres : simulachre 1611B
(3) lac : sac 1627 1644 1650Ri, Lac 1672
(4) trouuez : treuués 1627
(5) figulier : figurier 1600 1610 1716, sigulier 1611B, singulier 1644 1650Ri 1650Le, Figulier 1672
(6) cherchant : cerchant 1590Ro 1644 1650Ri
(7) neufue : veufve 1668A
(8) abbreuez 1568B 1568C 1568I 1590Ro 1712Guy 1772Ri : abbreues 1568A, abbreués 1627, abbreuuez T.A.Eds.

校訂

 ピエール・ブランダムールは、1行目冒頭の Le tant d'argent を De tant d'argent と校訂している *1

日本語訳

ディアナとメルクリウスの潤沢な銀の
偶像が湖で発見されるだろう。
陶工が新しい粘土を探していると、
彼とその身内は黄金にまみれるだろう。

訳について

 1行目はブランダムールの校訂の結果を踏まえ、2行目にかからせた。そのように校訂していないピーター・ラメジャラーも、1行目を2行目の simulachres にかかっていると見なしているので、実質的に同じである。
 3行目の figulier はラテン語の figulus (陶工) をフランス語化させた造語と推測されている。アナトール・ル・ペルチエが指摘して以降、実証的な論者の間でも異論がない。特に語源に触れていない17世紀のテオフィル・ド・ガランシエールも potter と英訳しており、同じ読み方をしていたことが分かる。
 現代語にない単語を含んでいるものの、構文そのものは平易な詩といえる。そのため、既存の大乗訳山根訳についても、細かな点で少々疑問はあるものの、おおむね問題はない。

信奉者側の見解

 テオフィル・ド・ガランシエールは、粘土を探して涸れた湖を掘っていた陶工が銀製のディアナやメルクリウスの神像を発見することを描いたもので、過去にはまだ実現していない詩としていた *2

 バルタザール・ギノーは、ディアナを「石」、メルクリウスを「水銀」として、石や水銀をもとに多くの金銀を生み出す思想について予言されていると解釈した *3


 エリカ・チータム第8巻28番第8巻30番とも関わるトゥールーズの宝探しの詩ではないかとした *4 。これは後述のレオニの解釈を踏襲したものである。

 セルジュ・ユタンも宝探しとしたが、その中でもナチスの隠し財産に関するものではないかとしていた *5

同時代的な視点

 詩の情景はガランシエールが述べていた通りで、粘土を探していた陶工が莫大な財宝を見つけるというものである。

 エドガー・レオニは、百詩篇第8巻28番と結び付けつつ、古代のトゥールーズにおいてカエピオの着服が疑われた財宝の発見を想定したものと解釈した。ロジェ・プレヴォジャン=ポール・クレベールらも同じ解釈である *6

 ピーター・ラメジャラーは1557年6月のガルドン川大洪水で、ニームのディアナ神殿の遺跡から多数の出土品があったことがモデルと解釈した *7


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • リュミエール兄弟による映画の発明とそれが利益を生むことを予言。 銀の偶像は初期のモノクロ映像、湖はスクリーン、陶工は映画監督、粘土は役者の比喩。元々の聖書では陶工は神、粘土は人間の比喩。 神が人間を作ったように、映画監督が映画を作る事を喩えている。 -- とある信奉者 (2012-03-15 23:35:46)
名前:
コメント: