The riddle of Nostradamus

 『 ノストラダムスの謎掛け:批評的対話 』(The riddle of Nostradamus : a critical dialogue) は1999年にジョンズ・ホプキンス大学出版局から出版されたジョルジュ・デュメジルの著書。
 1984年に出版された『「灰色をまとった黒き修道士がヴァレンヌに」 ノストラダムスの茶番劇』の翻訳で、訳者はベッツィ・ウィング (Betsy Wing) である。


【画像】カバー表紙

内容

 フランス語版の全訳で、「 『灰色をまとった黒き修道士がヴァレンヌに』 ノストラダムスの茶番劇」 ( “... the Black Monk in Gray within Varennes” A Nostradamus Farce, pp.3-92) とソクラテスに関する「 『我々はアスクレピオスに雄鶏一羽の借りがある』 ソクラテスの最後の言葉に関する気晴らし」 ( “We Owe a Cock to Asclepius...” A Divertissement on the Last Words of Socrates, pp.93-124) の2本立てという構成も原書のままである。

 英語版特有の要素としては、グレゴリー・ナジ (Gregory Nagy) による序文 (pp.vii-xii) が追加されている。


コメントらん
以下のコメント欄はコメントの著作権および削除基準を了解の上でご使用ください。

  • これ、持っているが、英語の長文だから、一度も読んだことないんだよなー。それにこれに7000円も払った。ボッタクリだろう。Amazonじゃなかったからか? -- とある信奉者 (2013-02-24 23:35:54)

名前:
コメント: